世界三大広告賞の1つと言われる「カンヌライオンズ国際 クリエイティビティ・フェスティバル 2017 (Cannes Lions 2017)」のフィルム部門で、日本のとあるCMが名誉あるシルバー賞を受賞。これが「センス溢れすぎ!」「思わず感動してしまった」と現在、海外を中心に話題沸騰!多くの人々を魅了しているので紹介したいと思います。

世界各国、4万点以上のCMの中から選ばれたこの作品。

このCMは、今回シルバー賞を受賞した「Cannes Lions 2017」だけではなく、今年で20周年を迎えた「第20回・アジア太平洋広告祭(ADFEST 2017)」や、国連が共催する世界最大規模の国際コンテスト「ニューヨークフェスティバル 2017(New York Festivals 2017)」でもファイナリストに選出。世界中の人々がその素晴らしさを讃えています。

まるで映画のワンシーン!

ちなみに、海外の掲示板には

「オチを見るまで、何のCMかわからなかった!」

という声がたくさん溢れていましたが、それこそがこのCMが讃えられている最大の理由。では、皆さん、何のCMなのか推測しながらご覧下さい。

『Sticking Together, No Matter What(耐える男たち)』

汗だくの男性のズームアップ映像から始まる…この動画。

周囲には他にもたくさんの男たちが!

すると、1人の男性の頬に白い物体が落下。

「糞だ!」

「うわぁぁっぁ!糞だぁぁっぁぁ!!!」

辺りは騒然!動揺を隠せません。

次のシーンでは1人の男性が

「火事だぁぁぁ!!!」

と大声で叫ぶシーンからスタート!

手を握り合って耐える男たち。その姿はまさに地獄絵図。

今度は一転。

雪に埋もれる男たち。

「寝るな!寝たら死ぬぞ!!!」

仲間を起そうと必死に叫ぶ男。まるで映画のワンシーンのようですが…

いかがですか?何のCMかわかりました?

男A「いつまで続くんだろうな…こんなこと」

男B「さあな…」

男A「泣いてんのか?」

男B「別に…」

正直、私もここまで何のCMかわかりませんでしたが、オチを見て鳥肌全開!では現在、海外で絶賛されているセンス溢れるCMを動画でご覧下さい。

出典 YouTube

実はこのCM…

最後は必死に地震の揺れに耐える男たち。

もうお気づきですね。実はこのCM…

瓦のCMだったんです!

地震・台風に強い防災瓦を擬人化したのは、瓦メーカー最大手の「鶴弥(Tsuruya)」。いかがですか?このセンス。これは世界中で称賛されているというのも頷けますよね。

日本最古の瓦は「蘇我馬子」が飛鳥の地に造った飛鳥寺(法興寺)の瓦だそうで、遥か昔から我々の暮らしを守り続けてきた瓦。今回、擬人化したことで、瓦の素晴らしさを再確認した方も多いのではないでしょうか?

縁の下ならぬ、縁の上の力もち!

メーカーの鶴弥は他にもセンス溢れるCMをたくさん制作していますので、興味を持った方はYouTube(“鶴弥・CM”と検索)でチェックしてみて下さい。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら