記事提供:AbemaTIMES

“浪速のエリカ様”の異名を持つ衆議院議員の上西小百合が7月17日、このところ続いているサッカーファンとのTwitterのやりとりについてコメント。

「私は言いたい事は言うし、言いたくない事も言うし、言わなくていい事も言う」と、自らのスタンスについて力強く断言し、ネット上のユーザーの間で大きな注目を集めている。

これは去る15日、埼玉スタジアムで行われた『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017』で、J1・浦和レッズとドルトムントとの一戦が行われた際に、「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と、おもむろに自身の公式twitterに投稿したことに端を発したもので、この挑発的ともとれる内容に、すぐさまサッカーファンからの批判が続出。

さらには一般のサッカーファンのみならず、J2・FC岐阜のゴールキーパー高木義成選手からも「浦和の負けが酷かったって?親善試合が遊びって?どの口が言うのか」といった怒りの声が飛び出したり、芸能界からもサッカー好きで知られるタレントのJOYが「上西議員はレッズとドルトムントのあの試合を観てああいう感想に辿り着くのか。ファンタジスタだ。正解なんてないけど、昨日その考えに至った人は非常に少ないと思う。人間って面白い」と、皮肉めいたニュアンスでやんわりと釘を刺すなど、前代未聞の事態となった。

しかしその後も上西議員は「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と、その発言の勢いは止まることを知らず、その“戦火”が次々と飛び火する状況に。

なお、その後も、浦和レッズサポーターを中心に、上西議員への批判は続出しているが、当の議員は17日の「今日テレビ取材があったけれどレッズサポーターを敵にして怖くないですかと質問された。なんで?と本気で思った。政治家がそんな事考えて街に出れるんだろうか。政治や経済は自分の利益を重視するけれど、スポーツや文化はある意味それを超える最大の武器。ただ私は収束させる気はなく近々浦和に行く」と、浦和への“遠征”まで検討していることを公表。

さらには「私は言いたい事は言うし、言いたくない事も言うし、言わなくていい事も言う。政治家にもし資質があるとすれば自分にとって有利不利関係なく立場をハッキリさせる事ができるかどうか。他には何も無い」と、自らの持論を曲げる気がないことを名言し、さらなる注目を集めることとなった。

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら