本日8月19日=俳句の日に俳句・川柳SNS「ごーしちご」のアプリがリリースされました。

「ごーしちご」は、川柳や俳句よりももっと気軽でゆる〜く575を楽しめるアプリ。Twitter感覚で575のリズムでつぶやけば、「いいね!」の代わりに「いとおかし」をもらえたり、コメントも575で返してもらえます。

学生から主婦、サラリーマン、年配の方まで幅広く交流できる「ごーしちご」。その独特の世界を覗いてみましょう。

575の投稿画面

投稿画面はシンプルに3行で書くだけ。「季語」や「切れ」のような俳句のルールはなく、多少の字余りや字足らずも許されます。

ハッシュタグを選んで投稿できます。575で伝えきれない想いはハッシュタグに込めましょう。

「いいね!」じゃなくて「いとおかし」

気に入った投稿には、「いいね!」の代わりに「いとおかし」を押しましょう。こういった細かい作り込みが「ごーしちご」の世界観を形成しています。

出典 http://the575.jp

「いとおかし」ボタンは「い・と・お・か・し」と5回押せます。「あ・い・し・て・る」ではないので注意しましょう。

いたるところに575

また、アプリの中ではいたるところに575調の文章が登場します。とにかく徹底したコンセプト作りがなされています。

こう言われると、気軽に投稿できそうです。

こんなメッセージ、見たくないですよね。早く投稿しましょう。

これはちょっとイラっと来ます。

リズミカルに書かれると、普段見ないヘルプもつい見てしまいますね。

コメントも575しばり

「ごーしちご」では、投稿へのコメントも575で書かなければいけません。窮屈なようですが、この決まりが妙な中毒性を生むと話題です。

じわじわくる作品集をご紹介

このアプリでは基本的にみんなゆる〜く、そして好き勝手に575をつぶやいているようですが、いくつか面白い作品も投稿されていますので、最後に厳選して紹介したいと思います。

いかがでしたでしょうか?じわじわきたら、早速アプリをダウンロードして楽しみましょう!

おまけ

iPhoneアプリでは「ある動作」をすると隠し芭蕉が出現するそうです。どんなことを話すかはダウンロードしてからのお楽しみ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス