Daichi、HIKAKIN、AFRA、TATSUYAなどの活躍により、日本でもその存在が浸透してきた「ヒューマンビートボックス」。今回紹介するのは、そんなヒューマンビートボクサーの世界一を決める大会である「Beatbox Battle World Championship」のファイナルの様子です。

決勝に勝ち進んだのは、ブルガリアの出身のSkiller(スキラー・先攻)とフランス出身のAlem(アレム・後攻)の2名。ファイナルにふさわしく超人的な口技が交互に繰り広げられていきますが、果たして優勝の栄冠はどちらの手に!?

出典 YouTube

おまけ(指ドラム)

出典 YouTube

多才なAlemは、ヒューマンビートボックスだけでなく「指ドラム」と呼ばれる演奏も得意としています。その驚くべきテクニックもあわせてご覧ください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス