先月24日、チェコ・プラハ出身の力士「隆の山俊太郎」が引退を表明しました。本名由来の「パヴェル」の愛称で親しまれた人気力士でした。

彼の特徴は、周りの力士と比べると異彩を放つ逆三角形の体型。初土俵から5年たっても入門時の88kgよりたった3kgしか増えず、体を大きくすることに苦労し続けた現役生活だったようです。

そんな隆の山が人気を集めた理由は、彼が繰り出す投げ技や足技などの華麗なテクニックでした。多くの相撲ファンを魅了したその美しい相撲をご覧下さい。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス