京都の中心地は碁盤の目のように整然と整備されており、通りひとつひとつに名前がつけられています。しかし、その名をすべて記憶するのは至難の業。果たして地元の方々はどのように覚えているのでしょうか。

今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者・英学(はなぶさ がく)さんが、京の通りの名の由来と、地元の人なら誰でも歌える「通りを覚えるわらべ唄」を紹介してくださっています。

京都の通り名

今回は京都の地理についてです。と言っても難しい話ではなく、中心地の通り名のお話です。京都の中心地はご存知の方も多いと思いますが、碁盤の目のようになっています。その通り一本一本には名前がついていてその覚え方まであるぐらいです。

今回はその歴史とユニークな通り名の唄をご紹介します。これを全て覚えてから京都を訪れると数倍楽しくなりますよ!

794年に平安京に都を遷した桓武天皇は、唐(中国)の長安の都をモデルに「条坊制と呼ばれる都市を築きました。都を中心に東西南北に道を走らせる区画を整備したのです。

東西方向には13本の大路と26本の小路、南北方向には11本の大路と22本の小路が設けられ、中心に朱雀大路が整備されました。これにより現在の京都の特徴となる碁盤の目のような町並みが築かれました。

京都の市街地を走る通りの名前は、平安時代からありましたが庶民には浸透しなかったようです。その後時代が下って通り名を変えてから徐々に知られるようになったそうです。

例えば、今は若者に人気の寺町通りなどは当初東京極大路と呼ばれていました。鴨川のすぐ西側の通りなのでこの辺りが都の東の際だったということでしょう。

秀吉の時代に行われた都市改造で多くの寺院がこの通りの東側に移築された後に今の名前になったんですよ。

このように、歴史の移り変わりと共に町の状況や様子などを通り名に取り入れることが多かったようです。

京都独特の通りの名前とその由来

以下いくつか通りの名前とその由来をご紹介しましょう。

釜座(かまんざ)通り

梵鐘(ぼんしょう)や茶釜の鋳造を行っていた釜座が集まっていた通りで、今も三条釜師には大西家が家業をついています。茶道の千家のために茶道具を作り続ける家柄である千家十職の中の釡師・大西清右衛門(せうえもん)家がある通りです。

上長者町(かみちょうじゃまち)通り

江戸時代より貨幣を取引する裕福な両替商人の邸宅が立ち並んでいた通りでした。

千本(せんぼん)通り

葬送地・蓮台野(れんだいの)への道でおびただし数の死者を送るため千本もの卒塔婆が立てられていたと伝えられている通りです。

両替町(りょうがえまち)通り

家康によって江戸時代に小判の製造をする金座が設けられ、金融関係の業者が軒を並べていたと伝わります。

京都中心地の十字路

京都の十字路の多くは、「四条河原町」のように交わる2本の通り名を合わせて呼ばれています。平安時代は、東西の大路が先に名前が付けられていたようです。その後、室町時代後期に商人に経済力がついてきたころに状況が変わります。

町に優劣が生じ始めると「三条河原町」ではなく「河原町三条」というように、有力な町が面する通りが先にくるようになったのです。

簡単に言うと、東西であるヨコの通りが先でタテの通りが後に読まれるのが、その逆に読まれるようになったということです。

京都では住所や道案内も通り名で表し、北へ向かうことを「上がる(あがる)」、南へは「下がる(さがる)」と言います。東へ向かうことを「東入る(ひがしいる)」、西へは「西入る(にしいる)」と言います。

平安京の都では北に天皇が住む内裏(だいり)があったので、北へ行くことを「上がる」と言うようになったと伝えられています。これは京都独特の文化として現在も残っています。

京都の子供はみんな歌える、通り名の唄

京都には昔からこの通り名を覚えるためのわらべ歌があります。いくつかあるのですが、そのうちの代表的なものをご紹介しましょう。

東西の唄

「まる たけ えびす に おし おいけ あね さん ろっかく たこ にしき し あや ぶっ たか ま つ まん ごじょう せきだ ちゃらちゃら うおのたな ろくじょう しち(ひっ)ちょうとおりすぎ はちじょう(はっちょう)こえれば とうじみち くじょうおおじでとどめさす」

丸太町、竹屋町、夷川、二条、押小路、御池、姉小路、三条、六角、蛸薬師、錦小路、四条、綾小路、仏光寺、高辻、松原、万寿寺、五条、(雪駄屋町)、鍵屋町、(銭屋町)、(魚棚)、六条、三哲、七条、八条、九条、十条、東寺

南北の唄

「てら ごこ ふや とみ やなぎ さかい たか あい ひがし くるまやちょう からす りょうがえ むろ ころも しんまち かまんざ にし おがわ あぶら さめないで ほりかわのみず よしや いの くろ おおみやへ まつ ひぐらしに ちえこういん じょうふく せんぼん はてはにしじん」

寺町、御幸町、麩屋町、富小路、柳馬場、堺町、高倉、間之町、東洞院、車屋町、烏丸、両替町、室町、衣棚、新町、釜座、西洞院、小川、油小路、醒ヶ井、堀川、葭屋町、猪熊、黒門、大宮、松屋町、日暮、智恵光院、浄福寺、千本、西陣

京都では子供の頃にこれを教わり、通り名を覚える習慣があります。私もこれを覚えてからは迷うことなく市内中心部であればどこでも行けるようになりました。

頭に地図が入っていると自分の地元のように自由に歩き回れますよ。これになれると中心部から少し離れて道が斜めになったりカーブしたりするととても不安な気持ちになります(笑)。

是非皆さんも今度京都に行くまでに覚えてみて下さい。楽しみが広がりますよ!

いかがでしたか?京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

権利侵害申告はこちら