記事提供:おたぽる

テレビ朝日『ラストアイドル』番組公式サイトより。

来月から放送開始されるオーディション番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系)で、総合プロデューサーを務める秋元康が“究極の7人組アイドルグループ”をつくるべく、オーディションを開催することを7日に発表。

参加資格はプロアマ問わず、秋元がプロデュースを務めるAKB48グループや坂道シリーズ(乃木坂46欅坂46)のメンバーも兼任OKということで、「アイドル史上最強のグループになるのでは?」とネット上では早くも期待の声が飛び交っている。

「今回のオーディションの概要としては、今月8日からプロアマ問わず14歳~26歳までの女性を募り、その中から7人を選抜。この時点ではまだ暫定メンバーで、番組には毎週、“挑戦者”が現れ、指名制で1対1のパフォーマンス対決が繰り広げられます。

ここで挑戦者が勝てばメンバー入れ替えとなり、最終的に勝ち残った7人がデビューということになるようです。

これまで数々の人気アイドルグループを育て上げた秋元が“究極の”という言葉をあえて使う理由は、この過酷なサバイバルレースによる選考が所以となっているのでしょう。

AKB48グループのファンの間では、『総選挙よりもシビア』と指摘する声が広まり、同プロジェクトへの関心が高まっているようです」(芸能関係者)

また、グループの人数を7人と定めたのには、AKB48の初期の人気メンバー7人(前田敦子大島優子・篠田麻里子・渡辺麻友・高橋みなみ・小嶋陽菜板野友美)が神7(かみせぶん)と称されていたことにちなんでいるのではないかと臆測する声は多い。

それだけに、応募規定ではプロもOKということで、「前田敦子も参戦?」「新旧のセンターが勢ぞろいするかも」などと、ネット上ではそれぞれのファンが盛り上がりをみせている。

「年齢制限を考えると、今回のオーディションに参加できる神7のメンバーは、前田、渡辺、高橋、板野の4人ということになります。

現役メンバーである渡辺はもちろんのこと、他の3人もグループ卒業後も歌手活動を続け、昨年3月に発売されたAKB48の43枚目のシングル『君はメロディー』(キングレコード)で限定的に復帰した際には圧倒的なオーラを見せつけていただけに、

それぞれのファンからは『究極の、というからには神7のメンバーが入ってなきゃおかしいでしょ』『7人中4人は確定しちゃったね』などと期待の声が集まっているようです。

また、神7で最年長の篠田も参加できるように、『年齢制限を31歳まで引き上げてくれないかな?』と、年齢の上限を変更するよう要望する声も少なくないようです」(同)

前田や大島がセンターを務めていた時にはアンチも大勢いた。究極のアイドルグループのセンターともなれば、まさにアイドル界のトップオブトップ。バッシングを受ける可能性は高いが、誰もが納得するような逸材が掘り起こされることになるのか楽しみだ。

権利侵害申告はこちら