記事提供:Techinsight

「やる気」見せた勸玄くん。

歌舞伎座で7月3日から始まった『七月大歌舞伎』の夜の部に父親の市川海老蔵(39)と一緒に出演し宙乗りにも挑戦している勸玄(かんげん、4)くんは、稽古の段階からタブレットPCで自分の演技をチェックしている。

海老蔵のブログによると11日、勸玄くんから演者としてある申し出があったそうだ。

勸玄くんは以前から父の舞台をタブレットPCでよく見ていたが、現在は『七月大歌舞伎』での自分の出演シーンを何度も再生しチェックしているという。

『ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ』では「むむむ ま、まじか?」と題して、「ちゅうのりのあとにぃ、かんかん、セリフいっていい?」と提案があったことが明かされている。

舞台が始まっておよそ1週間、幼くても勸玄くんには役者としての意気込みがあるのだろう。

「やる気だ このひと」「空飛んでから、自分でやろうとしとる…」と市川海老蔵は戸惑いながらも、息子を頼もしいと感じているようだ。

この勸玄くんの言葉には「自分の中で何か、芽生えてきたのかしら?楽しみです」「“絶景かな、絶景かな~”とかでしょうか?」「凄い!!歌舞伎の申し子ですね!」「志の高さが只者ではないですね!」とファンも舌を巻いたようだ。

権利侵害申告はこちら