記事提供:Conobie

いよいよ始まった幼稚園のお弁当作り。

「大変そう…」と思っていたけれど先生からの一言で肩の力を抜いて取り組むことができました。

いよいよ始まるお弁当作り

お弁当作りが始まる前は、

「何を作ろう…毎日作るの大変そう…」

と憂鬱な気持ちでした。

しかし、先生からの、

「子どもが完食できることが狙いなので、凝ったものにせず、毎日同じメニューでもOK!おうちの人が作ったお弁当は何でも嬉しいですよ」

とのお話に、肩の力がスッと抜けました。

初めてのお弁当作り

初めてのお弁当は、

・小さめのおむすび2個
・朝ごはんの卵焼きを流用
・夕ごはんの残りのミートボール
・ミニトマト
・前日ゆでたブロッコリー

と、ほとんど手間をかけていないズボラ弁当でした。

それでも子どもは大喜びで完食!

お弁当作り、これなら続けていけそうです。

慣れてきたら見た目をかわいく!

ほぼ毎日同じメニューのお弁当なので、少しでも子どもが楽しい気分になれるように、切り方を工夫することに!

少しの手間でお弁当がグッとかわいくなりました。

通っている幼稚園はピック禁止なのですが、OKの園だったらピックでかわいくできそうです。

また、アルミカップもかわいい柄のを使うと、地味なおかずも美味しそうに見えることを発見!

100円ショップに色々売っているので、かわいいのを探すのが楽しみになりました。

お弁当作りをラクに楽しく

大変だと思っていたお弁当作りですが、いざ始めてみると意外とカンタン!

切り方やアルミカップで子どもも喜ぶかわいいお弁当になるとわかりました。

もっと慣れてきたらメニューや切り方のレパートリーを増やしていきたいと思っています。

今しかない小さなお弁当作り。

工夫して楽しくラクに!作っていきたいです。

権利侵害申告はこちら