7月10日(月)は『MonoMax』8月号の発売日。
今回も前号に引き続き、本革を大胆に使用した財布が付録としてついてきます。
それがこちらの「アーバンリサーチ 本革長財布」です!!

ハコから出した瞬間に鼻をくすぐるのは、芳ばしいような革の香り……。
そう、今回は財布の表面に本革を採用したのです!

■付録なのに経年変化まで楽しめる!

『MonoMax』付録史上初となる“本革のラウンドジップ形長財布”。表面には高貴なツヤをたたえていますが、使い込むほどにしなやかさを増し、味が出てくる予定です。

雑誌付録といえば、使い倒せるアイテム。そんな固定概念を覆す、育てて楽しめる付録となっているのですっ!!

財布前面右下には「URBAN RESEARCH」のロゴも刻印。さりげなくブランドアイテムであることが伝わります。

■ポケット14カ所!舌を巻く機能性!!

大きさはW(約)19cm×H(約)10cm×D(約)2cm。ラウンドファスナーを開くと、財布内に広がるのは多数の収納スペースです。まずカード用ポケットは8カ所を完備。
では、なぜ8枚なのか?『MonoMax Web』の付録記事によれば、普段持ち歩くカードの平均枚数に近いものなんだとか。このあたりの配慮、さすが『MonoMax』の付録ですね~。

さらにお札やチケットが入るポケットは左右2カ所、スマートフォンなども入る大きめのポケットは3カ所、小銭などを入れられるファスナーポケットは1カ所設けられています。

これは……来るべき夏休み、海外逃避をたくらんでいる人にも、ものすごーく役に立つのでは?
たとえば片方には日本円を、もう片方には現地通貨を、と左右のスペースに振り分けて収納しておけば、両方まとめて持ち歩くことができます。大きめのポケットの1カ所をコイン用スペースとして使用すれば視認性が高く、慣れない外貨でもスマートに精算できるはず!

■サイドは蛇腹式 & 大きく開く
財布の横部分は蛇腹式。あれこれ入れても上手に収まります。さらに底部分までファスナーが渡されているので、大きく開けることができます。お金の出し入れもラクラクです♪

ずっとクンクン嗅いでいたくなるような「アーバンリサーチ 本革長財布」は、『MonoMax』8月号を買うともれなく付いてきます!

『MonoMax』8月号特別付録まとめ

名称 : アーバンリサーチ 本革長財布
コラボレーション : アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)
サイズ : W(約)19cm×H(約)10cm×D(約)2cm
収納スペース : メイン収納部×14カ所
備考 : 表面には本革を使用

『MonoMax』8月号は「本当に買うべきマル得日用品」とブックインブック「超実用!アウトドア時計」という2大特集です。書店やコンビニで早めにゲットしましょう!

※付録「アーバンリサーチ 本革長財布」本体以外は付録に含まれません

この記事を書いたユーザー

トレジャーズ編集部 このユーザーの他の記事を見る

雑誌に登場するモデル・タレント情報、おしゃれなトレンドのトピックスが満載のニュースサイト「treasures(トレジャーズ)」です! ファションやビューティ、ライフスタイルなど、幅広い分野の話題をご紹介します。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら