記事提供:Entame Plex

夏になると暑くて寝苦しい“熱帯夜”に悩まされる人が多いのではないでしょうか。

そこで今回、ダイキン工業が20~79歳の男女1,000名(男性500名、女性500名)を対象に「夏の寝室でのエアコンの使い方」に関するアンケート調査を実施。このたび、そのアンケート結果が発表されました。

夏の夜の睡眠に関して、エアコンを使用しても暑くてなかなか寝つけないことがあるか聞いたところ、「ある(17.1%)」、「時々ある(46.0%)」という結果に。

また「暑くて夜中に起きてしまうことがある」という人も「ある(14.2%)」、「時々ある(47.0%)」と、暑くて寝苦しいと実感している人が6割以上にものぼる結果となりました。

そこで、夏に寝るときにどのようにエアコンを使っているか聞いたところ、「一晩中つけっぱなし派(23.5%)」、「タイマー(切り/入り)派(53.1%)」と、夏の寝室では「タイマー派」が主流であることがわかりました。

さらに「一晩中つけっぱなし派」と「タイマー派」のそれぞれのエアコンの使い方で、「暑くて寝苦しい」経験をした人がどれぐらいいるかを検証したところ、どのエアコンの使い方でも過半数以上の人が「暑くて寝苦しい」経験をしているという実態が確認できました。

特に主流のタイマー派(53.1%)では、「暑くてなかなか寝つけない(65.9%)」、「暑くて夜中に起きてしまう(64.0%)」と寝苦しさを経験している人も多く、タイマー使用が快眠には結びついていないということもわかりました。

「エアコン」をつけて寝た翌朝は、「なんだか体がだるい」「体調が良くない」という声を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回のアンケート調査でも、エアコンを使用したことで翌日体調が悪くなったり体のだるさを経験したことがあるか聞いてみたところ「ある」と回答した人が半数いました。

体調が悪くなったり、体のだるさを感じるのは、エアコンにより室温が低下しすぎたり、冷たい吹き出し風が寝具で覆われていない、薄着で露出した体にあたったりし、体全体や体の一部が冷えてしまったことが、その原因だと考えられます。

これを防ぐためにも、室温を低くしすぎず、湿度コントロールを上手に取り入れることが重要なポイント。

猛暑が予想される今年の夏は、快適な睡眠を得るためにも、室温よりも「湿度コントロール」に注意してみましょう。

権利侵害申告はこちら