インターネット上で爆破予告をして逮捕」、などという事例が後を絶ちませんが、なぜ「匿名」であるはずのネット上で個人が特定できるのでしょうか。

無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』の著者で科学者のくられさんが伝授してくれるのは、その「特定のされ方」と個人情報を守るための方法。知っておかなければ危険な話です。

ネットでの犯罪予告はリテラシーの無さを示している?

先日、ネットに爆破予告をした男が逮捕されるというニュースがありましたが、ネットというのは思いのほか匿名ではない…というのは、このメールマガジンでも何度もお伝えしているわけですが、どのように「匿名ではない」のでしょうか。

ネットはまず家からのアクセスだと、当然契約プロバイダの割り当てたIPと共に行動しています。

どんな掲示板を見てようが、エロサイトにアクセスしてようが、そのサーバーにはどこどこのIPがどんなパケット転送を行ったのか全部ログが残っています。このログの保管期間はまちまちですが、半年以上残っていることも珍しくありません。

では外のカフェや学校のwifiなどからアクセスすれば安全…ともいえません。例えば学校であれば、そのIP振り分けを行ったときに、どんな端末に割り当てたかがログとして残っているわけで、その環境や状況証拠から特定することが可能です。

外のカフェや無料wifiなんてものは防犯カメラが山盛り見張っています。そんなとこから爆破予告とか馬鹿な真似をすると少なくとも容疑者の一人くらいにはすぐに上げられてしまうわけです。

ルータに接続されている機器をMACアドレス情報から特定する

何年も前の記事ですが、この通り、家庭向けのルータでさえ、ちょっとした手間ひとつで不正に接続された機器のメーカーがどこのものかぐらいはすぐにわかってしまいます。

便利で楽しいSNSも、個人情報の登録にはご注意を

専門用語が多いと難しく思うかもしれませんが、すごく単純に考えれば良い話。郵便で住所が必要なように、ネットで通信する時もそれぞれの「お届け先」の情報が必要なので、個別の機器の情報までログに残っているということです。

なお、ハッキングの技術のひとつには、この手の機器に紐付く情報を誤魔化すものがあったりします。なんでかって?そりゃ「誤魔化さなきゃバレる」からでしょう。

また、twitterやfacebookにいろいろな情報を登録すればするほど、個人情報は筒抜けになっていきます。

飲食店で女子高生のtwitterでのぞき見していたオッサンが手元のスマホからフォローして過去ログをぐるぐる見ている…なんてのはもはや当たり前に起きている時代です。

匿名でネットを使うなら、最低限VPNを通して、さらにTorみたいな匿名ブラウザなどを使えば…という話は前したとおり。

このメールマガジンでも何度も何度もいってますが個人情報は大事なのです。それが貴方自身のためではなく、友人、知人を巻き込んだ被害をもたらすこともあるわけです。

facebookに自慢の娘の写真をアップしたら性犯罪者に拉致された…なんてことは普通に起こる時代であるという認識を持ってネットとは付き合うべきなのです。

※本記事の一部はJokerが加筆しました。

権利侵害申告はこちら