記事提供:Techinsight

期日前投票を済ませた橋本環奈、当日は投票所へ向かった小室哲哉。

7月2日に投開票が行われた東京都議選では、小池百合子都知事が代表を務める『都民ファーストの会』が49議席を得て都議会第1党となった。

小池知事は3日に代表を辞任、知事に専念すると話している。なお東京都選挙管理委員会は、3日に今回の投票率を51.28%と公表した

音楽プロデューサーの小室哲哉は7月4日、『Tetsuya Komuro(Tetsuya_Komuro)ツイッター』にて「実は日曜日、都民の義務として行ってきたのでした」とつぶやいて港区の投票所で看板と並ぶ姿を公開している。

そのレアショットにフォロワーも「選挙の投票行って小室さんいたらかなりびっくり」「投票会場に小室さんがいたら、間違えなく“小室党”に投票しちゃいますよ!」「選管の人も「“小室哲哉が来た!”と裏でヒソヒソ話していた事でしょうね!」と盛り上がった。

また今年の3月に福岡の高校を卒業した橋本環奈は、女優業に専念するため東京を拠点にしているようだ。

2日に『橋本環奈(H_KANNA_0203)ツイッター』で仕事の都合により期日前投票を済ませたことを明かし「18歳の私にとって初めての投票だったんですが、この一票によって都政への参加だと思うと、選挙権を持つ事の責任感も相まって、とても緊張しました。皆さんもぜひ投票お願いします!」と呼びかけていた。

2013年に行われた前回の都議選は投票率43.50%だったので51.28%はかなり伸びたように思えるが、小池都知事はテレビ番組で「それでもまだ少ない」と評していた。

小室哲哉、都議選投票所にて。

権利侵害申告はこちら