記事提供:messy

生き延びるためのマネー/川部紀子

こんにちは!ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。

2017年も半分が終わりました。前回は、日経平均株価が1年6カ月ぶりに2万円を超えたというニュースを受けて、「日経平均株価」、「TOPIX(トピックス)」、「上場」という株式関連の用語について解説をしました。

日経平均が1年半ぶりに2万円台まで回復!…でも日経平均株価って何?

しかし「じゃあ株ってそもそもいったい何?」という方も多いのではないでしょうか。私も20代の時に疑問でした。今回は前回よりも基本の「株って何?」を解説したいと思います。

株を買うってどういうこと?

会社が、商品やサービスを世の中に売り出し、従業員にお給料を払い、頑張っていくためにはお金が必要です。

その際、お金を調達するために「皆さん、お金を出してもらえませんか?」と広く「出資」を募ります。出資をするとは「資を出す」と書くように、会社にお金を貸してあげるのでなく、出してあげるということ。

そして出資してくれた証として「」を手に入れます(昔は株券という紙でしたが、今は電子化されています)。

よく「株を買う」「株式投資をする」と聞くのは、この話なのですね。出資した人は「株主」、このように株を発行している会社を「株式会社」と言います。

さて、この会社がうまいこと儲けたとしましょう。それは誰のおかげかというと、商品・サービスを買ってくれたお客様のおかげでもあるし、一生懸命働いてくれた従業員のおかげでもあります。

でも忘れちゃいけないのは、出資してくれた株主たちのことです。そこで会社は、この株主(=投資家)の皆さんにも「ありがとう」のお金を払います。これを「配当」といいます。

もちろん会社がうまくいかなかったら、配当はゼロ円ということもあります。どのくらいの配当がもらえるかは、会社の会計をまとめる「決算」の内容などで決まります。

「今年は赤字だったので、株主さん、その分のお金をください!」ということはあり得ません。ですから、配当にマイナスはありません。

配当以外の儲け方

株を買った人は会社にお金を貸したわけではなく出資をしています。お金を貸す場合「いついつまでに返済すること」といった約束を交わしますが、株の場合は満期、つまり終わりは決まっていません。株を所持する限り配当をもらい続けることができます。

でも、ぶっちゃけ「その会社を応援したい!」というよりは、「うまく儲けたい」という理由で株式投資をしている人がほとんどだと思います。

実は株には「配当」以外にも儲ける方法があります。それが「株の売却」。つまり株の市場(いちば)で所持している株を売るという方法です。

会社の株は無限にあるわけではありません。すると、「あの会社の株が欲しい!」「出資したい!」と思う人が多くなればなるほど、その会社の株の値段(株価)は上がっていきます。

つまり自分が出資した時の株価よりも高い時にその株を売れば、その分だけお金をもうけることができるというわけです。

もちろん逆に株価が下がっているタイミングで売却した場合は、出したお金よりもマイナスになることもあります。

ですから、株式投資をする人の本音は、株価が安いときに買って、高いときに売りたいということになります。また、その会社が破たんしてしまうと、株の価値はなくなってしまい、自分が最初に出したお金はほとんど戻ってきません。ゼロ円もあり得ます。

まとめ「株の儲け方」

上記の解説を「儲ける」という角度からまとめると、株の儲け方は大きく2つにわけられます。1つめは、配当をコツコツもらうこと。2つめは、投資した時の株価よりも高い株価のときに売ることです。

損に関しては、配当にマイナスはありえないので1つです。それは、株価が買った時よりも低い時に株を売ってしまうことです。最悪の場合は出したお金がまったく無しになってしまうこともあります。

株式は、投資をしない人には関係のない話ではありません。まず、自分が株式会社で働いていたり、親が株式会社に勤めていたり、株式会社が作ったいろんな商品を買っていたり…と生まれた時から何らかの形で関わっています。

自分が関わる株式会社の株価が上がることによってお給料が上がったり、素晴らしい商品が作られたりする可能性があると思うと、「株」が私達の生活にどれだけ影響を与えているのかがよくわかると思います。

学校では教わりませんが、大人の教養として、最低限の株式の仕組みは知っておきましょう。

川部紀子

ファイナンシャルプランナー(CFP(R)1級FP技能士)。社会保険労務士。1973年北海道生まれ。大手生命保険会社に8年間勤務し、営業の現場で約1000人の相談・ライフプランニングに携わる。

その間、父ががんに罹り障害者の母を残し他界。自身もがんの疑いで入院する。母の介護認定を機に27歳にしてバリアフリーマンションを購入。生死とお金に翻弄される20代を過ごし、生きるためのお金と知識の必要性を痛感する。

保険以外の知識も広めるべく30歳でFP事務所起業。後に社労士資格も取得し、現在「FP・社労士事務所川部商店」代表。お金に関するキャリアは20年超。

個人レクチャー、講演の受講者は3万人を超えた。テレビ、ラジオ等のメディア出演も多数。近著に『家計簿不要!お金がめぐる財布の使い方』(永岡書店)がある

twitter:@kawabenoriko

サイト:FP・社労士事務所 川部商店 川部紀子】

権利侵害申告はこちら