記事提供:おたぽる

リリー=ローズ・メロディ・デップ(画像右)が初主演した『コンビニ・ウォーズ バイトJK vsミニナチ軍団』。

かつてない究極の親バカ映画が公開される。ジョニー・デップの愛娘リリー=ローズ・メロディ・デップが主演した『コンビニ・ウォーズ バイトJK vsミニナチ軍団』がそれ。

父親がジョニー・デップで、母親がフランスの歌姫ヴァネッサ・パラディという、エンタメ界最強の遺伝子を受け継ぐリリー=ローズ・メロディが、実生活でも仲良しな映画監督ケヴィン・スミスの娘ハーレイ・クイン・スミスとタッグを組み、21世紀に甦った不気味なナチスの残党とバトルを繰り広げるホラーアクションコメディなのだ。

1999年生まれの同い年のリリー=ローズ・メロディとハーレイ・クイン。共にキラキラネームを持つ2世タレントの2人が演じるのは、カナダのど田舎にあるコンビニの超やる気のないアルバイト店員。

いるよなぁ、やる気のまるでないムカつく態度のコンビニ店員って。ところがまぁ、リリー=ローズ・メロディがめちゃんこカワイイので許せてしまうわけです。けだるそうにしている美少女って、何でこうも男心をくすぐるんですかね。

同じ名前を持つコリーン・コレット(リリー)とコリーン・マッケンジー(ハーレイ)は同じ高校に通い、マッケンジーのお父さんが経営するコンビニで一緒のシフトに入っている17歳の超仲良しコンビ。

2人はバイトそっちのけで、お店のバックヤードでバンドの練習に励んだり、2人が最近ハマっているヨガの話題に夢中で、レジ打ちとか商品の在庫チェックとかやってらんないわけですよ。

変装して娘と共演を果たしたジョニー・デップ。『探偵!ナイトスクープ』にも似たような依頼がありましたね。

モテ男子からパーティーに誘われて、盛り上がっていたコリーンズだったけど、マッケンジーのパパが愛人と旅行に出掛けたため、お店のシフトチェンジができないはめに。

そこで2人の脳裏にひらめいたのは、どうせならモテ男子たちをコンビニに呼んでお店でパーティーしちゃおうという斬新すぎるアイデア。

世間を舐めに舐め切ったこの態度が素晴しい!その夜は時給つきの楽しいパーティーになるはずだったが、突如現われたのがソーセージサイズのキモすぎるミニナチ軍団。

怖いもの知らずのJKバイトコンビは、自慢のヨガパワー(どんなパワーかは不明)で立ち向かっていく。

おかしな映画ばっかり撮っているケヴィン・スミス監督は、コンビニが大々好き。デビュー作『クラークス』(94年)もコンビニが舞台だったし、前作『Mr.タスク』(15年)でリリーとハーレイはコンビニの仲良し店員役で映画デビューを飾っている。

本作はそのスピンオフ作品ってわけ。コンビニの店内には日常も非日常もすべてが詰まっている。

ミニナチの魔手から世界平和を守るため、コンビニ狭しと戦うリリーとハーレイの暴れっぷりがこれまた素敵!スカーレット・ヨハンソンの初々しさが忘れられない『ゴーストワールド』(01年)やブレイク前のキーラ・ナイトレイが出演した『ベッカムに恋して』(02年)と同様に、ティーンの女の子たちの友情ものが好きな人には見逃せません。

『Mr.タスク』に引き続き、娘の映画初主演が心配なのかジョニー・デップはヒゲ面の私立探偵ギー・ラプワントに変装しての親子共演。ウィル・スミスが息子ジェイデン・スミスと共演した『アフター・アース』(13年)を上回る親バカぶり。

ちなみにJKコンビが通う高校の女性教師役で、ヴァネッサ・パラディもカメオ出演。“ママ”ヴァネッサも『エイリアンvsヴァネッサ・パラディ』(04年)なんて珍作に出演して、エイリアン相手にバズーカ砲をぶっ放してました。

リリーの珍作好きは両親からしっかり受け継いだものみたいですな。

元天才子役から性格俳優に転向したハーレイ・ジョエル・オスメント。実在したファシスト役を楽しげに演じています。

本作には、『シックス・センス』(99年)や『A.I.』(01年)などで天才子役として絶大な人気を誇ったハーレイ・ジョエル・オスメントも出演。彼が演じるのは、1930年代のカナダに実在したファシスト兼反ユダヤ主義者のエイドリアン・アルカン。

『ペイフォワード 可能の王国』(00年)じゃ、世界平和を願ういたいけな少年役だったのに!アルカンをはじめとするカナダのファシストたちが残した負の遺産がミニナチ軍団であり、ミニナチ軍団は恐ろしい最終兵器も発動させようとしていた。

学校のルールや親の身勝手な言いつけを嫌うJKコンビにとって、恐怖とファシズムで世界を支配しようとするミニナチ軍団は超イケてない存在。しかもパーティーを邪魔したサイテーなやつらだ。

イケてるか、イケてないか、それがすべてであるJKコンビのジャッジによって、この世界の平和は委ねられることに。

映画的な評価はさておき、デップ家とスミス家のホームビデオパーティーにお呼ばれしたようなハッピー気分が味わえることは確かです。

コンビニ・ウォーズ バイトJK vs ミニナチ軍団』

監督・脚本・編集/ケヴィン・スミス

出演/リリー=ローズ・メロディ・デップ、ハーレイ・クイン・スミス、ジョニー・デップ、ジャスティン・ロング、ハーレイ・ジョエル・オスメント

配給/パルコ、ハピネット 7月1日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

(c)2015 YOGA HOSERS,LLC All Rights Reserved.

映画『コンビニ・ウォーズ~バイトJKvsミニナチ軍団~』オフィシャルサイト

権利侵害申告はこちら