■今も頻繁に職質され、ホームレスとも間違われる毎日

ハメ撮り、顔射、駅弁の生みの親。背負った借金は50億円。前科は7犯。米国で逮捕された際、突き付けられた求刑は懲役370年。

経歴と逸話を並べただけで「ホントにそんな人いるの?」と疑いたくなる村西監督が、『村西とおる語録集 どんな失敗の中にも希望はあるのでございます』(PARCO出版)の刊行を記念して、紀伊國屋書店 新宿本店でトークショーを開催!

その様子をノーカットでお届け…したいのだが、あまりに危険すぎる話題も多かったので、美味しいところを抜粋でレポート。今回はその後編だ。

普段、家の近所を歩いていても職務質問に頻繁に遭うという村西監督。

そして夏場に晴海埠頭の公園で夕涼みをしているとホームレスと間違われ、「旦那さん、ご苦労様です。私たち、品川区役所のものです。これどうぞ」と牛乳やB.V.D.の白いパンツを渡された…などの逸話を披露し、会場を沸かせる。

さらに銀行でお金を預けては、なぜか「お預かりします」ではなく「お調べします」と言われ、タクシーで自宅に向かうと、「お客さん、あなたのマンションにね、あの村西監督が住んでるんですよ」と得意げに明かされ、薬局で妻の生理痛の薬と撮影用のコンドームを買っては「お客さんね、奥さんかわいそうだよ。生理のときぐらい休ませてあげなよ」と叱られ…と散々な目に遭っているそうだ。

【前編】アソコを見たら「○○ですね」、終わったら「ありがとう」。伝説のAV監督・村西とおるが語る正しい女性の褒め方とは?【前編】

■あなたは奥さんとのチョメチョメを皆さんにご開帳したことあるの?

そして監督は「いい年かっぱらって、ワケの分からないところで、トラブルにしなくてもいいことをトラブルにしなきゃいけない人生でございます」と話し、こう続ける。

村西 「倒産して7000万の借金を背負いました。にっちもさっちもいきません」

という方が私のところにいらっしゃる。でも僕が、

「あなたね、奥さんとチョメチョメして、自分の恥知らずなイチモツが出入りしているところ、数百万人の皆さまにご開帳したことあるの?私はありますよ。無修整で」

と言うと、むこうは、

「いや、僕は、そんなの、やったことありませんよ」

と言う。そして、

「いくら借金があるんですか?」

「7000万です」

「私は50億です。前科はあるんですか?」

「めっそうもない」

「私は前科7犯だよ」

「ええー!?」

「あなたね、女房とチョメチョメしているところをご開帳もしたこともなく、たった7000万の借金で、前科はゼロ?何が苦しいんですか?」

「そうですね」

と私の話を聞いて、下には下がいるものだ、と思いのほかの元気をもらって帰っていく方もいらっしゃるんです。

■感動したら出るのは上からでしょ。俺のは下から出るから

確かに、トラブルだらけの監督の人生を聞いていると、「自分の悩みは何てスケールが小さいんだろう」と思えてくるのだ。しかし一方で、監督はAVの仕事に誇りを持っている。

村西 皆さんの心に大きな影響を与えたものとして、文学とか音楽とか映画とか、いろいろな伝統芸術もあるでしょうけど、AVほど大きな影響を与えたものは私はないと思っています。

興奮するとか感動するということには、レベルもラベルもないんです。私の作品を見た。山田洋次監督の作品を見た。黒澤明監督の作品を見た。

ラベルを貼らずに、3本見てどれが一番興奮したかといったら、「いや、村西監督のだね」となるということが起こりえるんです。

そういう意味では、私は山田洋次監督とか、黒澤明監督に負けない自負があります。皆さんのは、感動したら涙が出るのは上からでしょ。俺のは下から出るから。そういう意味で、私はAVを誇っているんです。

■エロティシズムとは「感動の落差」である

そして観客の男性から「普通のAVより、あまり露骨に見せない一般映画のSEXシーンのほうが僕はいい感じがするんです。監督はどうですか」と質問を受けると、こう答える。

村西 おっしゃるとおりです。これ、業界人に聞かせてあげたい。エロティシズムというのは、性器じゃないんです。要するに感動の落差ですよ。だから、生と死というのはエロスの極致だと言われる。要するに生の希望と死の絶望。この落差が一番なんです。

エロスというのは頭の中で感じるもの。たとえば、高いところから下を見たら、ドキドキーっとするでしょ?この興奮が、心の揺らぎ。エロスなんですね。そう考えると、今おっしゃったように、AV以上に興奮するものは、世の中にたくさんあるんです。

たとえば私は、吉永小百合さんのうなじを見ただけでイっちゃいそうになるの。エロティシズムというのはね、おっぱいとかケツとかじゃないんですよ。落差なんです。

だから女性を採用するときは、一番落差のある人を採用しています。顔が非常に清純でお姫様のようだけれど、バストを見たらツーンと突き出ている。

ウエストのラインがすごくくびれていて、ヒップがクッと突き出ていて、たおやか。で、ご存じのように、小陰唇は目も当てられないぐらいに漆黒。このコントラストがいいんですよ(笑)。

■「愛とSEXは別腹」だと学校教育で教えなきゃいけない

そして「最後に1つ申し上げたいこと」として、「愛している人とのSEXが最高とは限らないんですよ。そう思っていると間違っちゃって、別れ話がすぐ来ちゃうんです」と語る。

村西 このあたりを歩いている人同士が、カラオケボックスのトイレで出合い頭にイタしたSEXの方が、10年以上愛し合っている2人のSEXよりも、よっぽど興奮するときがある。それはシチュエーションに興奮しているんです。だから愛とSEXは別物。

愛している人との心象風景の世界と、肉体的で動物的な性欲の世界は違うものなんです。奥さんとするのは、愛おしさのSEXですよ。だから、「愛とSEXは別腹」だと学校教育で教えなきゃいけないんですね。

それを教えないから、SEXして感じちゃうと、「あ、この人のこと大好きだから、私は感じてるんだ」なんて、ワケの分からない人と結婚してね。成田離婚なんかになっちゃうんです。

エロいことを話しているようで、いつの間にかいい話になり、人生のためになる話になっている。というか、エロい話というのは、やはり人間の根幹や、愛というものの本質と繋がっているんだ…ということが、監督の話からは伝わってくるのだ。

最後はトークショーの終わりに披露された、監督ならではのサービス精神と優しさが伝わってくる名口上を紹介しよう。

村西 こうしてお会いできて、本当にうれしかったです。私は、こういう、いささかの間違いがあって、世の中で知られる人間になりました。その役割は何かと思うと、生意気なようでございますけど、皆さまに元気を与えること。

皆さまが、高倉健さまの映画を見たわけじゃないでしょうけど、ここからお出になるときに、「何か元気をもらったな」という気持ちになっていただければ。

「まだまだあんな野郎より、俺のほうがマシだ」と、増上慢な気持ちになってお帰りになるんじゃないかと思うのです。

本当に、本日は生意気なことを数々申し上げまして、申し訳ございませんでした。またお会いできることを楽しみにしております。ありがとうございました。

ちなみに監督、トークショー終了後のサイン会では、お客さんとの記念撮影にも積極的に対応。撮影のたびに「オ◯◯コ!!!」と大声で絶叫して笑顔を作っていました。さすがです。

この記事で紹介した書籍

権利侵害申告はこちら