1920年代の大正末期から昭和期に流行った「モボ」「モガ」をご存知でしょうか。

これは「モダン・ボーイ」や「モダン・ガール」の略語で、西洋文化の影響を受けた、いわゆる当時の先端をゆく戦前の日本の若者文化から生まれたファッションのことを指します。

和服が主流だった中、女性のファッションが大きく動いた転換期の時でもあります。そんな「モガ」のファッションに注目しました。

和装から洋装へ。モダン・ガールの登場

こちらの写真、昭和初期に撮られたものですが、数年前から海外でもSNSなどで拡散して話題を呼んでいます。

「素晴らしいファッション!」

「現代のNYでも、アジア人ファッションは際立っているよね」

「これが1932年に取られた写真だって?今だって着れるよね」

「すごい!」

昔の写真とは思えないほど、現代的なスタイルが話題です。表情もなかなかファンキーですね。

和装が主流だった明治時代から、西洋文化の影響を受けて、洋服が大衆の間で根付いた大正時代。その変革のとき登場したのが「モガ」こと、「モダン・ガール」です。

モガのファッションは、ひざ下の長めのスカート丈、あるいは「アッパッパ」の着用が特徴的。「アッパッパ」は夏服のひとつで、簡易服、清涼服ともいい、大きめのゆったりとしたワンピースのこと。

歩くと裾がパッパと広がることから付いた」と言われています。

フランスで1920年代、1930年代に大流行した頭にぴったりフィットする“釣り鐘型の帽子”「クローシェ帽」を身につけ、髪はショートカットまたは、北米で当時流行った「フィンガーウェーブ」のヘアスタイルでキメます。

それに、濃いめのメークをしたら、モダン・ガールの出来上がりです。

では、当時の「モガ」を見ていきましょう!

・洋装と和装姿で歩く4人娘

出典 http://www.vintag.es

・車の前でポーズを取るモガたち

出典 http://www.vintag.es

・頭の形にぴったりとした「クローシェ帽」がインパクト大

出典 http://www.vintag.es

・街中を闊歩するモダンな女性たち

出典 http://www.vintag.es

和服の名残を残しながらも、洋服を身にまとう女性たち。日常的にモガスタイルを取り込んで街を歩いていた様子が伺えます。

次は、「モガ時代」を駆け抜けた女優さんをご紹介。

モガ時代を駆け抜けた女優たち

大正から昭和時代に活躍した、まさに「モダン・ガール」を象徴する美しい女優さんも存在しています。庶民にとってはきっと憧れの存在だったはず。

・伊達里子さん(神奈川県出身)

出典 https://ja.wikipedia.org

伊達里子さんは、モダン・ガールの代名詞として昭和30年代までに映画界で活躍した女優のひとり。代表作には、『ダンスガールの悲哀』、『朗らかに歩め』、『マダムと女房』などがあります。

モダン・ガールとして、昭和に光り輝いた魅力が溢れ出ています。

・竹久千恵子さん(秋田出身)

出典 https://jp.pinterest.com

女優竹久千恵子さんは、15歳で映画デビューし、1930年から1940年の昭和期にかけて活躍した女優です。「知性的なモダン・ガール女優として学生を中心に人気を博した」、まさに憧れのモガ。こざっぱりしたクールな雰囲気が粋です。

・田中絹代さん(山口県)

出典 http://www.vintag.es

日本映画史を代表する田中絹代さん。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男など、日本を代表する錚々たる監督たちの作品に数多く出演しました。

大ぶりの花柄ワンピースをまとった姿がステキです。

・市川春代さん(長野県出身)

出典 https://ja.wikipedia.org

サイレント映画から、トーキー映画期に活躍した女優。映画『侍ニツポン』に主演し、一躍有名に。戦後も活躍し続けたました。

カールした髪の毛にフィットした帽子がとてもお似合いですね。

モダン・ガールは現代の憧れ?

和洋折衷の近代市民文化のことを指す「大正ロマン」や「昭和モダン」時代に活躍し、現在も親しまれている画家の中原淳一さんや竹久夢二さんの影響や、レトロ人気の再燃などで、「モダン・ガール」に憧れる若い世代が増えているそうです。

まさに時代は繰り返す!21世紀のモダン・ガールは形を変えて進化していきそうですね。

出典:Vintage Everyday

権利侵害申告はこちら