豪華メンバー共演の話題作がいよいよ公開!

2003年に執筆したオリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞し、同作の小説化作品『のぼうの城』が第139回直木賞候補に。2012年には、野村萬斎さん主演で映画化されたことでも注目を集めました。

そんな話題作を生み出したのは、脚本家・小説家として活動されている和田竜さん。

待望の新作となるのは、2009年、第30回吉川英治文学新人賞候補となった『忍びの国』(しのびのくに)。主演に嵐の大野智さんを迎え、映画化が決定。7月1日より、いよいよ公開となりました。

映画の公開に先駆け行われた完成披露試写会での集合写真からわかるように、主役クラスの面々が華々しく集結!

写真上段右端の中村義洋監督から順に、立川談春さん、満島真之介さん、マキタスポーツさん、鈴木亮平さん、石原さとみさん、そして伊勢谷友介さん。残念ながらこちらには写っていませんが、主演の大野智さんや、Hey! Say! JUMPの知念侑李さん、平祐奈さんという豪華な面々も作品には出演されています。

まだ作品を観ていないという方は、こちらの予告編をぜひご覧ください。

「さぁさぁ、恒例の…」

さぁさぁさぁ!
「忍びの国」の公開が始まりました!
恒例のエレベーターショット!!!
さとみちゃん可愛いから、俺とマキタさんはピンボケでいーや!笑

ただの忍者映画だと思うなかれ。ただのコメディだと思うなかれ。

観客への挑戦的なテーマは、芯を食えば、自分の生き方を問うことになるでしょう!!!
劇場へ是非いらして下さい

出典 https://www.instagram.com

「ただの忍者映画だと思うなかれ。ただのコメディだと思うなかれ。」

そんなメッセージで今作の見どころを伝えているのは俳優の伊勢谷友介さん。映画『ワンダフルライフ』(1999)での映画デビュー以降、これまでに数多くの作品に出演されている日本を代表する名俳優の一人として名を馳せています。

これまでに、主演を務めた『CASSHERN』(2004)、三池崇史監督作品『十三人の刺客』(2010)、力石徹を熱演した『あしたのジョー』(2011)、続編公開も記憶に新しい『新宿スワン』(2015、17)といった話題作に出演し、日本の映画界を牽引する著名な監督と数多く共演を果たしています。

神木隆之介さん主演、有村架純さんら豪華キャストも話題を集めた『3月のライオン(前後編)』には、4月22日から封切りとなった“後編”に出演。

また、8月4日からの公開が予定されている実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』2018年には木梨憲武さんが16年ぶりに映画主演を務める『いぬやしき』など、目が離せない出演作品が目白押しなのです。

そんな伊勢谷さんが出演作のPRを兼ねて毎回披露してくれるのが、豪華面々勢ぞろいによる“エレベーターショット”。その言葉通り、舞台挨拶などで出演者のみなさんが集まった際にしか撮れない大変貴重なオフショット。普段なかなか見られない表情を撮影できるのは、伊勢谷さんの人柄だからこそなのかもしれませんね。

そんな魅力あふれる写真が楽しめる伊勢谷友介さんのインスタグラム。プライベートな部分も紹介されているので、この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょう?

こんな記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

ANCHORMAN このユーザーの他の記事を見る

シンプルに。

得意ジャンル
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら