突然ですが皆さん!

明治が販売しているチョコレート「meiji THE Chocolate(明治ザ・チョコレート)」の箱に、アニメやゲームのキャラクターのイラストを描く、または、箱を利用して様々なモノを作るという“パッケージアレンジ”が現在、SNSを中心に大流行しているのをご存知でしょうか?

TwitterInstagramに設けられた

「#明治ザチョコレート」

という名のハッシュタグ。そこに寄せられる…数千を超えるパッケージアレンジの数々。

それはどれも、お菓子の空箱を使って作ったものとは思えない素晴らしい作品ばかりなのですが…

そんな中、今回紹介するのは、明治ザ・チョコレートの空箱を使った“究極のアレンジ”と言っても過言ではない素晴らしき作品。きっと皆さん、その美しさに魅了されることでしょう。

空箱とは思えない!それはもはや…完全にアート作品!

制作したのは、趣味で紙細工を作っているというTwitterユーザー“鳴瀧(@taki_yoshiwo)”さん。では、まずはその素晴らしき作品。どうぞご覧下さい!

うっ、美しい!

コチラは、明治ザ・チョコレート、サニーミルク味の空箱を使って作られた置時計。ちなみにこの置時計、製作費はなんと数百円というのですから、本当に驚きを隠せません。

パッケージの美しいデザインを最大限に活かして作られた「明治ザ・チョコレート置時計」。

きっとアンティークショップに並んでいても違和感を感じないことでしょう。

コチラは抹茶味の箱を使って作れられた置時計。サニーミルク味バージョンも素敵ですが、コチラの抹茶味バージョンも落ち着いた感じで素敵!

裏側を見てみるとこんな感じ!

正直「欲しい!」と思ったのは、きっと私だけじゃないはずです。

製作費からは考えられないほど…オシャレでセンスある作品。あまりにも興味深かったので、鳴瀧さんに直接お話を伺ってみました。

Q.作品を作ろうと思ったきっかけを教えて下さい

A.「#明治ザチョコレート」タグに並んでいる素晴らしい作品を見ているうちに、自分も何か作ってみたいな〜と思ったのがキッカケです。で、何作ろうかってなった時に、置き時計持ってなかったのを思い出しまして。今住んでる自衛隊の基地内宿舎って、定期的に部屋替えがあるんですけど、荷物を減らすために置き時計を持ってなかったんですよね。スマホありますし。でもこれだけ小さいとかさばることも無いので、丁度いいから作ってみようかなと。

※鳴瀧さんは航空自衛官です。

Q.用意した材料、及び、ざっくりとした制作手順。教えて頂けますでしょうか?

A.100均の腕時計、明治ザ・チョコレートの箱、木工用ボンド。 両面テープなんかがあると便利です。

ざっくりとした作り方 → 分解した時計に、明治ザ・チョコレートの箱を好きなように貼っていきました。時計の針は画用紙を気に入った形に切って作りましたが、これは歯車の軸にはめ込んでいるだけですので、細工するために特別な接着剤なんかも使ってないんです。

Q.1つの作品を作るのに費やした時間。どれくらいでしょうか?

A.考えながら作った緑の置時計が約2時間、その後に作った紫の置時計が約1時間といった感じです。

Q.制作する上でのコツやポイントなどがあれば教えてください

本音を言わせていただくと、「暇な時に、できる範囲で楽しみながら作ること」です。・・・が、そう言うことじゃなさそうですね。 明治ザ・チョコレートの箱、結構分厚いので、細かい切り抜きが難しいです。パッケージ表面のカカオのシルエット、その茎の部分なんかは特に難しい。なので一回で切り抜こうとせずに、なぞるように何度も刃を入れるようにして切り抜くと、綺麗に切り抜けます。

Q.鳴瀧さんの作品を見て作ってみたいと思った方、たくさんいらっしゃるかと思います。そんな方々へのコメント・アドバイスがあれば教えてください

もう言ったように、100均の腕時計を分解して使ってます。チョコの箱を切って使ってます。 なんでもそうなんですけど、大半の市販の商品には「本来の用途以外には使わないでください」って趣旨のことが書かれてます。 生産側の都合か、消費者の安全のためなのか・・・とにかく他の誰かが何かしら考えながら作ったものなので、尊重すべき大切なことだと思います。 ただ、そこで素直にルールに従ってても、ね。それを踏まえた上で、「上手いこと」楽しんでやってください。

鳴瀧さん。どうもありがとうございました。

■すごーーーーい!綺麗!!アイデアに脱帽。
■ハイセンスすぎる……!かっこいいな〜…(´Д`)
■お菓子の箱がこんなお洒落なインテリアになるなんて。普通に売ってたら手に取っちゃうな。
■なんだ、ただの天才かよ!
■明治ザチョコレート作品がどんどん進化してゆく…

Twitterに寄せられていた…称賛の声。なお、鳴瀧さん。他にも↑のような1/10サイズのバイク(紙細工)など、素晴らしき紙細工をたくさんアップしていますので、興味を持った方は是非、鳴瀧さんのTwitter。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事は権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら