記事提供:Entame Plex

アメリカンツーリスターが、レコードやスピーカー等のデザインからインスパイアされたハードケースコレクション「サウンドボックス」を新発売。

今回、新発売にちなみ、2017年6月7日~12日の期間において、20代~40代の男女600名(スーツケースの色ごとに等分・男女均等)を対象に「スーツケース」についてアンケート調査を実施。このたび、そのアンケート結果が発表されました。

まず、スーツケースの各色の人に年収を聞いてみたところ、黒色のスーツケースの人が年収500万円以上が最も多く、色によって年収の割合に大きな差が出る結果となりました。

また、異性と付き合う際に最も重視していることを聞いてみたところ、どの色の人も「優しさ」を一番重視するという結果に。中でも、半分以上の人が「優しさ」を重視していたのは、水色のスーツケースの人のみでした。

スーツケースの色に個人の性格が表れるようで、2番目に重視するものから、少し違いが。

黒色のスーツケースの人の、なんと約4人に1人(23.0%)が、「容姿」を重視すると回答した人が最も多い結果となりました…。

最後に、どの色のスーツケースを持っている異性と付き合いたいかを聞いてみたところ、男性では、1位「ピンク色(22.7%)」、2位「赤色(18.0%)」、3位「白色(17.7%)」。

一方、女性では、1位「黒色(55.7%)」、2位「青色(14.8%」、3位「白色(8.0%)」という順位となりました。

また、今回はカラーアナリストの海保麻里子さんにスーツケースの色でわかる性格診断をしてもらいました。

◆白色のスーツケース:心機一転したい人にお勧め

「白紙に戻す」という言葉があるように、白は悩みをリセットして心機一転させてくれる色です。

新しい自分になりたい時は白のスーツケースで旅に出ると効果的です。白を選ぶ方は恋愛や仕事に対して理想が高く、完璧を目指して努力を重ねるタイプ。あまり自分を追い込まないように気をつけましょう。

また、白は神事に用いられるため、穢れのない、清純できちんとしたイメージを与えてくれます。男性から大切にされたい時、女性はぜひ白を身に着けてください。

◆赤色のスーツケース:情熱的な人

赤は強い生命エネルギーを持つ色です。そのため赤を好む人はバイタリティに溢れ、行動力やリーダーシップが強い傾向にあります。また、赤はアドレナリンの分泌を促し、自信とやる気を引き出します。

ここぞという大切な商談やプレゼンの時には、赤いネクタイを身に着けるのもお勧めです。

◆黄色のスーツケース:好奇心旺盛な人

黄色を好む人は知的好奇心旺盛で頭の回転が速い方。機知に富んだ賢い方が多いのが特徴です。

また、黄色は言語中枢を刺激し、会話を弾ませる色です。希望に満ちた光を表す色でもあるため、黄色を選ぶ方は明るくポジティブ。ユーモアに溢れ、人を楽しませることが得意です。

また、人目を引く目立つ色でもあるので、黄色を選ぶ時は「もっと構ってもらいたい」という思いが深層心理にあるとも言われています。

◆青色のスーツケース:誠実な人

青を選ぶ方は真面目で誠実。落ち着いた思考、判断をする方が多く、常に計画的に物事を進めていきます。恋愛でも「信頼できる人」を第一に選ぶ傾向があります。

また、青には集中力を高める作用があるため、仕事を冷静、かつ、効率的に進めたい時に身に着けると効果的です。

◆水色のスーツケース:好感度の高い人

水色を選ぶ方は落ち着いていて思いやりのある人。爽やかで好感度が高く、誰からも好まれやすいタイプの方が多いです。

また、緑がかった明るいターコイズブルーを選ぶ方は、適応力に優れています。ドルフィンのように束縛されない自由な生き方を好みます。

また、ターコイズブルーは心を浄化してリフレッシュする作用もあるので、心のわだかまりを癒したい時に身に着けると効果的です。

◆黒のスーツケースの人は強い意志の人

黒を選ぶ方は強い意志や信念を持った完璧主義の人。芸術的センスが優れた方も多いです。

また、黒は何色にも染まらない強さを持ち、絶対的な力の象徴でもあります。そのため、黒を選ぶ時は「弱い自分を見せたくない」という深層心理が働いている場合も。

全ての色を内包している黒は、高級感やフォーマル感を演出したい時、威厳を出したい時に身に着けると効果的です。

◆ピンクのスーツケースの人:愛情に溢れた人

ピンクを選ぶ方は、男性でも女性でも愛情に溢れた優しい方が多いのが特徴です。ピンクはリラックス効果や女性ホルモンの分泌を促す作用もあるため、身に着けると幸福を感じ、女性らしくなれる色でもあります。

アンケート結果や性格診断を参考にスーツケースの色選びをしてみてはいかが?

権利侵害申告はこちら