出典 https://www.amazon.co.jp

『孤独のグルメ』2巻(原作:久住昌之、作画:谷口ジロー/扶桑社)

2017年6月23日(金)放送のドラマ「孤独のグルメ Season6」第11話「東京都文京区茗荷谷の冷やしタンタン麺と回鍋肉」で、井之頭五郎(松重豊)が中華料理を堪能。

その大食いっぷりに視聴者からは「いくら五郎ちゃんといえど食いすぎでは?(笑)」「これだけ食えるだけの胃袋が欲しい」と驚きの声が上がった。

今回五郎は、店に入る前に中華料理を食べるか冷たいそばを食べるか悩んでしまうのだが、「いまの腹ペコ具合には、やっぱり中華の油が欲しいかな」と中華料理屋「豊栄」に入店。

そこでメニューの中から「冷やしタンタン麺」を発見し注文。「とりあえず冷やしタンタン確保」と満足げだ。

さらに五郎は「で、お次は」とメニューを広げ、まだタンタン麺が運ばれてきていないのに「アボカドのセイロ蒸し」「中華茶碗蒸し」「日高四元豚の回鍋肉」「ご飯」を追加で注文。

視聴者からは「どんだけ頼むんだよ」「今日の五郎ちゃん攻めるなー!」と早くも歓声が。

そしてタンタンメンがやってくると、あまりの美味さに五郎は「おっほほほほ」と心の中で笑いをあげ、ぺろりと完食。

しかしタンタン麺でお腹いっぱいになったどころか、逆に食欲が促進したようで、追加注文した料理もご飯とともにハイペースで平らげていく。

これにSNSなどでは「冷やしタンタンが前菜扱いで笑った」「普通冷やしタンタンだけでもお腹いっぱいになっちゃうでしょ」「“とりあえずビール”みたいにタンタンメン頼むな(笑)」「冷やしタンタン食ってからこの量食べるのヤバすぎ」との声が続出。

また今回は、五郎が回鍋肉を食べたときに発した「回鍋肉は裏切らない」という名言も話題に。

ファンからは「これは間違いないな…まずい回鍋肉って食ったことないし」「“回鍋肉は裏切らない”は真理だと思う」「すごいわかる!回鍋肉の安定感ってすごいよね!」「これは至言。心に刻み込んだ」と共感する声が相次いだ。

かなりの量の中華料理を平らげて、最後はさすがの五郎も「腹ぱんぱん」とこぼしている。しかし「全部美味かったので良しとしよう」と大満足のようだった。

ドラマ「孤独のグルメ Season6」

原作:久住昌之、谷口ジロー
脚本:田口佳宏、児玉頼子
出演:松重豊
公式サイト:ドラマ24「孤独のグルメ Season6」:テレビ東京

権利侵害申告はこちら