記事提供:Conobie

5ヶ月頃から離乳食を始めた我が子。もりもり食べてくれるので、当初は「楽勝!?」なんて、ほくそ笑んでいたのですが…。

5ヶ月頃から離乳食を開始した息子。

当初は、本当によく食べる子で、酸っぱくても、ちょっとくらい苦くても、拒むことなく口を開けてくれていました。

「これだけ食が良いなら、離乳食なんて楽勝だぜ!」と、当時の私はほくそ笑んでいました。

ところが…

1歳をすぎた頃から、だんだんと偏食がみられるようになってきました。

まず野菜を食べない。

もう、どうやっても食べない。

細かくしたり、とかの工夫も全く通用しない。

そして遊ぶ!

出した食材を「粘土かな?」ってくらいこねくり回して、つぶして投げて…、

…結局、食べない。

憂鬱だった食事の時間

偏食と遊び食べが始まってからは、1日3回の食事の時間はいつもイライラしていて、メニューを考えるのもとても憂鬱でした。

「こんなに手間をかけたって、どうせ食べやしないのに…」と、考えてしまい落ち込むばかりでした。

キッカケは…

いつものように、ご飯で遊ぶ息子。

ふと思いつきで、当時の息子がはまっていた手遊び「どっちの手に入ってるかな?」をプチトマトで試してみました。(ヤケクソ)

すると、嬉しそうにトマトを当てた息子。

「大当たり~!ハイ、どうぞ」と手渡すと、すんなりと食べてくれました

結局、この日は「どっちの手かな?」を繰り返しながら、全部食べきってくれました。

楽しい気分になれば、こんなに簡単に食べてくれること。

そして残さず食べてくれた安心感は、私の気持ちを少し軽くしてくれました

息子の「好き」や「楽しい」を試してみる

この出来事をキッカケに、我が家なりに食事を楽しんでみる試みを始めてみました。

乗り物が好きだった息子に…

四角い皿を電車に見立てて、「息子くん駅~!終点です」とアナウンスしてみたり、食材を飛行機に見立てて口まで運んだりしてみました。

いつもの食卓をレジャーにする(笑)

茶の間にレジャーシートを広げて食べるのも、ピクニックのようで気分が上がりました!

天気の良い日は、庭や縁側に広げるだけでレジャー気分が味わえました。

はしゃいで汚してしまっても、

「今日はピクニックだから、多少のことは良しとする!」

「味見」の効果は抜群

台所で味見をすると「ンマイ、ンマイ(おいしい)」と喜ぶくせに、

いざ食卓に並べると全く食べやしない(笑)、という傾向がありました。

じゃあ苦手な野菜類は「味見」で食べさせちゃおう!

と試してみたところ、それまでは口すら開けなかった野菜類も、

「味見だよ~!」の勢いで数口だけでも食べてくれました。

いろいろ試してはみたけれど

2歳になった現在、息子の偏食がどうなったかというと…あまり変わっていません(笑)

「昨日まではムシャムシャ食べていたのに、今日は全く手を付けない」とか、

「喜んで口を開けていたのに、急に興味をなくした」とか、一喜一憂を繰り返す毎日です。

けれど何かのキッカケで、思わぬ解決策が見つかることもあるし、まずは「私自身がイライラしすぎない」を心がけながら取り組んでいます

今はネットで子育ての情報を得やすいので、先輩ママさんのアイデアを参考にしながら、あれこれ試しています。

みなさまの食卓ではどんな工夫をされているのか、ぜひ教えていただきたい私です!

権利侵害申告はこちら