今回は、こうした街のイルミネーションでは満足できないという方や、人ごみが苦手という方のために、一風変わった光の世界、“工場夜景”をご紹介したいと思います。

あのリドリー・スコット監督の映画「ブレードランナー」の冒頭に登場するシーンも、日本の工場夜景に影響を受けて作られたものなんだそうです。では、美しい工場夜景の世界をみてみましょう!

美しい!浮島町と千鳥町の工場夜景

工場夜景というと、数年前に「まるでSF映画の世界」とか「まるでゲームの世界」、あるいは「美しすぎる」などという言葉と共にブームになっておりましたが、ここのところ、工場夜景ブームも落ち着いた感があり、「工場夜景?何それ?」という方もいると思います。

そういった方のために、工場夜景がどんなものなのかを見ていただき、彩るためのイルミネーションではない、生活に密接した光の美しさや妖しさといった魅力を実感していただければと思い、神奈川県川崎市の工場地帯に行って来ました。

川崎市の工場地帯は、日本5大工場夜景と称されるスポットの一角を担う有名スポットです。

ちなみに、日本5大工場夜景とは一般的に、北から、北海道室蘭市、神奈川県川崎市、三重県四日市市、山口県周南市、及び福岡県北九州市であると言われています。

浮島町:日本合成アルコール(株)川崎工場間を抜ける一般道路。まるでSFの世界に迷い込んだような妖しい美しさを感じる。

浮島町:日本触媒浮島工場のタンク群。勢い良く燃え上がる炎も印象的。

浮島町:日本触媒浮島工場前の一般道路。静けさと、工場の明かり、そして影が作り出す街並みがかっこいい。

浮島町:東燃ゼネラル石油(トップ写真と同じ)。直線的に伸びるパイプラインと工場の光が、未来都市を思わせる。

浮島町:東燃ゼネラル石油とエネックス関東の間の一般道路。左のプラント群と右の植え込みを見比べた際の対比違和感が心を揺さぶる。

千鳥町:日本触媒千鳥工場。巨大な格納庫のような建物と、そこから吹き出す蒸気が圧倒的なスケール感を醸し出す。

千鳥町:日本触媒川崎(製)千鳥工場。光を纏う姿は、現代の神殿といった雰囲気さえ漂う。

写真からでも、巨大なプラントの迫力金属表面を照らし出す照明の光により、幻想的な雰囲気を感じ取れるものもあるのではないでしょうか?

巨大な柱や煙突は、まるで古代ギリシャの神殿にある柱のようにも見え、現代の神殿という表現すらしっくりくるような気がします。

もっとも、巨大プラントでは、様々な製品や原料の製造、加工が行われ、入った物と異なる物が出荷されるわけですから、古代人の視点では、神の力が宿る場所と見ることができるでしょうから、“神殿”という表現も言い過ぎではないのではないかと思います。

千鳥町:サンケミカル。闇に浮かび上がるタンクの無機質な照り返しが時間を忘れさせる。

千鳥町:日本触媒川崎(製)千鳥工場。街のイルミネーションに負けない光量のライトアップ。

なぜこんなに幻想的に見えるのか?

これらの写真を幻想的に見せているもう一つの要因、それが、人の映り込みが無いということだと思います。

周りに全く人がいないという事ではなく、工場夜景を見学に来ている人もいるのですが、街のイルミネーションを見に来る人に比べれば、その人数は圧倒的に少ないのです。

このため、景色の占有率が高くなり、ゆっくりと見て、撮影する事ができるのです。

千鳥町:サンケミカル。炎を宿したタワーは、まるで聖火台。

千鳥町:日本触媒前の一般道路。圧倒的な規模の光に包まれている工場群。

いかがですか?

街に溢れる色とりどりのイルミネーションも素敵ですが、工場地帯を照らす光には、街のイルミネーションとは違った魅力があると思いませんか?

街のイルミネーションには飽きた、人ごみが苦手、ちょっと変わったイルミネーションを見に行きたい、カッコいい写真を撮りたい、などなど、興味を持たれた方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

また、慣れない場所には行き辛いという方には、船に乗って海から工場夜景を見学する工場夜景ツアーというものもあるようです。

このように、楽しみ方が色々ある工場夜景、せっかくの景色ですから、訪れる際には、近隣に迷惑がかからないように行動し、自分を含めた皆が気分良く楽しめるようにしていきましょう。

梅原慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

権利侵害申告はこちら