ニュースはチェックしたいけれども時間がない…、そんな方のために今回、無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』の著者で科学者のくられさんが伝授してくださるのは、ニュースサイトの賢い使い方。

自分専用にカスタマイズしてしまえば、10分もあれば1日のすべて動きを知ることができるというその方法は試してみる価値アリ、もちろん無料ですよ。

ニュースを読み解く

今の時代はまさに高度な情報化社会。自分は結局Google様頼りの情報収集が一番効率的ではないかという感じでGoogleニュースとブラウザで巡回するという簡単な方法に落ち着いています。

今回は科学…とは違うのですが、情報を如何に取捨選択するか。時間を無駄にしないか…ということがキーワードになります。

Googleニュースは柔軟なカスタマイズ性が優秀でスマホ向けのアプリもあるので、1分以内に昨日1日の大きな出来事やニュースの類いはチェックできるようになります(Googleアカウントは1つに絞って、リンクさせていったほうが便利ですが自分の場合、公私を分けて使っているのでお好み)。

・ザックリした使い方→Googleニュースの使い方。簡単にカスタマイズする方法

大事なのは自分の好きなジャンルや気になるキーワードを登録するのは基本なのですが、「驚くべき」とか「豪華絢爛」とかの派手だったりするキーワードを入れておくと、目を引くニュースが出てくるといった使い方も出来ます。

また「ミサイル 北朝鮮」などと複合検索にしておくとでピンポイントに情勢情報を表示することもできるわけです。

自分の検索ワードは毒や爆弾、麻薬、陰謀に自殺とネガティブなキーワードが乱舞候ですが、そんな感じにニュースサイトを縦断検索してきて一覧で見せてくれるので非常に効率的です。

定期的にチェックしたいサイトはこうすれば漏らさずに済む

まず最初は、芸能ニュースとかクッソどうでもいいものを削除して自分の気になるモノをカスタマイズするのが大事です。

ただこれらのニュースはあくまでニュースサイトからの縦断検索であるので、定期的にチェックしたいサイトはブラウザでブックマークをフォルダごとに管理して、20サイトずつにまとめておき、2、3日に1回、全サイトを「すべてのブックマークを開く」などで一括で開き、それを見ながら閉じていくという作業で、見落としがちなサイトの更新なども2、3分で終わるようになります

このようにニュースをチェックするタスクを10分程度に圧縮すると、民放地上波のニュース番組の非効率的で愚にも付かないどうでもいいニュースを、延々と時間をかけて見せられていることに気がつくはずです。

あんなもん見ちゃいかんのです。そんなの見てるなら、有料放送でドラマの1本、ディスカバリーチャンネルなんかのドキュメンタリー1本みたほうが遙かに情報品位も娯楽性も高い時間となるわけです。

権利侵害申告はこちら