6月15日に発売されるや否や、わずか1週間で初回生産分の3000台が完売したというドン・キホーテの「4K対応 50V型液晶テレビ」。

メルマガ『旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】』の著者のひとりでデジタルライターの岡安学さんは、この製品がいわゆる格安のサードブランドから出た「安かろう悪かろう」な新商品と同等なのかどうか、メルマガ内で分析しています。

ドン・キホーテの4KテレビはジェネリックREGZA?

先日、ドン・キホーテより50V型の4K液晶テレビがなんと5万4800円で発売されると発表されました。

UPQ(アップ・キュー)の例もあるので、まあ安かろう悪かろうの類かと思われましたが、なんと東芝映像ソリューションが開発したメインボードを採用しているとのこと。

さらに動きの速いゲームでも快適に遊べるゲームモード的なものも入っているとのことで、これも東芝の技術なのではないでしょうか。

また、UPQ4Kディスプレイはあくまでもディスプレイであるため、テレビチューナーは入っていませんでしたが、ドン・キホーテ4Kテレビは、テレビであるので、地上/BS/110度CSデジタルのチューナーを2基搭載しています。

UIや番組表などもREGZAで使われているものをそのまま使っているようで、まさにジェネリックREGZAと呼んで差し支えないものだと思われます。

さすがに現行のREGZAのメインボードを使っているわけではなく、前モデルのものを使っているようですが、それでもREGZAの安心感は得られると思います。

もしREGZAとして販売するにしても、1世代前のREGZAとなると、やはり旧モデルの印象となりますが、ドン・キホーテから発売されるとなると、格安のサードブランドから出た新商品的な印象にもなると思います。

REGZAブランドが見え隠れするドンキ品の方がお得?

もしかしたら、値段的には同じくらいで販売されていたとしても、安くなったREGZAよりも、最初から安いのにREGZAと同じ性能を持つドンキ品の方が得した気分になるような感じです。

そういう意味では、型落ち品を安く売るよりは、他のブランドに卸してしまった方が東芝的にも良いかもしれません。どのみちREGZAは新商品の方を売りたいでしょうし。東芝としては4Kテレビはすでに液晶から有機ELにシフトしていたりします。

また、ドン・キホーテにしてみても、REGZAブランドが見え隠れすることで、どこのメーカーが開発したかわからないような、とにかく安さ意外は目をつぶれ的な印象から、安くても実は中身がしっかりしているものとして、安心感を与えられるわけです。

双方にとって、良い結果が出るのではないでしょうか。

実際、ノーブランドサードブランドの4Kテレビは、映像エンジンや画像処理がイマイチなものも多く、ディスプレイの性能を活かせていないものもあったりします。

とにかく、東芝は今あんな感じになってしまいましたが、REGZAの評価はとても高くそれを失うのは大きな損失です。なので、ドン・キホーテのブランドでも発売して、テレビ部門が継続されれば、それだけで価値があるものではないでしょうか。

すぐにと言うか、すでに4Kテレビも価格競争の渦中に飛び込んだ感があるので、その価格競争の相手が海外ブランドでないだけ、まあ、良いかなって感じでしょうか。(岡安学)

権利侵害申告はこちら