世界が絶賛する日本の技術力。自動車や家電製品をはじめ、その技術力の高さは世界中に知れ渡っているのですが、そんな中、とあるTwitterユーザーが衝撃の実験を実施。これが「やっぱり日本って凄い!」「嘘だろっ!信じられないよ!」と、Twitterを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

数ある実験動画の中でも、皆に衝撃を与えていたこの動画。公開したのはTwitterユーザー“ノイビス@比叡提督‏(@hieiteitoku1121)”さん。気になる実験内容は…

手に入れた約100年前の乾電池が生きているか(使えるか)試してみた!

という非常にシンプルなモノなのですが、その結果はあまりにも衝撃的な展開に。

現存するだけでも超希少な乾電池が、信じられない奇跡を巻き起こすのでした。

こちらが使用された約100年前の乾電池。

現在の乾電池と比べると、その大きさは超ド級!ちなみにノイビスさんは…

「最新高砂式」という文字から九十数年前のモノと推測。また

年代の違う“高砂工業”の乾電池を紹介!

約100年前に制作されたモノであることを立証されていました。

今から100年前と言えば…

100年前と言えば、ちょうど第一次世界大戦(1918年)が終結、第19代内閣総理大臣に原敬が就任した頃ですが、そんな時代に作られた乾電池。はたして、本当に使用出来るのでしょうか?

実験開始!

計算機裏。「ボタン電池」が収納される場所に導線を接続するノイビスさん。

接続後、計算機をひっくり返し

準備万端!

あとは赤の導線と、黒の導線をくっつけ

計算機に「0」と表示されれば実験成功です!

緊張の一瞬!

なんと、計算機に「0」という表示が!

この乾電池は、奇跡的に電池容量が残っていたのではなく、化学反応で今もなお発電(起電)。電気を起こしているのだとか。

恐るべし、日本の技術力!

では、実際に計算機が動く姿を動画にてご覧下さい!

日本人であることに誇りを感じる!

■す、すげぇな!それしか言葉に出来ない。
■なんかロマンを感じるな。
■「最新高砂式」に萌える。(笑)
■100年前の電池…。オーパーツ感がしてイカす!
■これは産業遺産に認定されるべき!

Twitterに寄せられる称賛の声。ちなみにこの乾電池。縦14.2cm、直径7cm、重さはなんと1.3kgもあるそうです。

大正時代に作られたモノが、今も尚、現役で使用出来るという驚愕の技術力。日本人であること、本当に誇りを感じますね。

この記事は権利者の許可を得て掲載しています。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら