6月は1年の中で唯一、祝日がない月。

しかしそんな中、沖縄県だけ6月に公休日があるというのです。それは6月23日の「慰霊の日」。沖縄県民にとって、6月23日はどのような日なのでしょうか?

【3つのポイント】

1. 「慰霊の日」は戦没者の霊を慰めて平和を祈る
2. 6月23日を休日としていない沖縄の民間企業も
3. 本土でも「慰霊の日」を意識していた時代があった

1.「慰霊の日」は戦没者の霊を慰めて平和を祈る

1945年6月23日、沖縄戦での組織的戦闘が終結しました。沖縄戦は、激しい地上戦となり一般住民10万人をふくめ20数万人がなくなったといわれています。当時の沖縄県の人口は57万人強だったので、多くの沖縄県民が犠牲になったことになります。

このことから、沖縄県は沖縄戦での戦没者の霊を慰めて平和を祈る日として、毎年この日を休日に定めました。

「慰霊の日」は、沖縄県が本土に復帰する前の1961年に休日に定められましたが、1972年の本土復帰以降、休日ではなくなってしまいました。しかし1991年、慰霊の日を休日として定める県の条例が交付されたことにより、再び沖縄県では6月23日が休日になりました。

現在、6月23日には沖縄県と沖縄県議会が主催して糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園にて沖縄全戦没者追悼式を開催。この日には、沖縄県の各家庭において黙とうをささげるよう、県は呼びかけています。

出典 http://www.pref.okinawa.jp

沖縄県庁「平成29年沖縄全戦没者追悼式の開催について」より

2.6月23日を休日としていない沖縄の民間企業も

沖縄県の民間企業のなかには、6月23日を休日としていないところも多いようです。そのことについて県に問い合わせたところ、その状況については、「把握しておりません」とのこと。しかし県としては、「県民の皆様には、家族や友人と共に戦没者を追悼し、平和を誓う日としていただきたいと考えています」と述べています。

また、6月23日を「慰霊の日」として休日に定めていることについては「『慰霊の日』は第2次世界大戦において多くの尊い生命、財産および文化的遺産を失った冷厳な歴史的事実にかんがみ、これを厳粛に受け止め、戦争における惨禍が再び起こることのないよう、人類普遍の願いである恒久の平和を希求するとともに戦没者の霊を慰めるために定められ、その理念を永久に保持しようとするものであります」とのことでした。

こういった沖縄県の考え方について、他県の人々ももっと思いを寄せるべきなのかもしれません。

3. 本土でも「慰霊の日」を意識していた時代があった

以前『筑紫哲也 NEWS23』(TBS系)では、沖縄戦のことや沖縄の米軍基地問題を詳しく取り上げていました。毎年、6月23日に、沖縄についての特別なプログラムを組み、視聴者に沖縄のことについて考えようと呼びかけていました。

そんななか、今年の6月12日に亡くなった大田昌秀知事(当時)は沖縄戦終結50周年を記念して「平和の礎(いしじ)」(沖縄の歴史と風土のなかで培われた「平和のこころ」を世界に伝え、国籍や軍人・民間人を問わず沖縄戦で亡くなったすべての人を慰霊するために氏名を刻んだ記念碑)を建設。

これに加え、米軍用地の地主が契約に応じない土地を強制使用する際の手続きである代理署名を拒否しました。その年の10月の県民総決起大会にも参加しました。

このような沖縄の動きを、番組で大きく取り上げ、沖縄の抱える問題は多くの人々が共有するようになりました。

しかし現在、東京発の番組では「慰霊の日」は取り上げられることが少なくなっているようです。

毎年6月23日は、沖縄県民だけではなく、日本のすべての人々が「慰霊の日」に関して考える必要があるのかもしれません。
(小林拓矢)

出典 http://www.pref.okinawa.jp

沖縄県庁「平和の礎」より

【参考資料】
6月23日 沖縄慰霊の日
http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0623.htm

平成29年沖縄全戦没者追悼式の開催について
http://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/heiwadanjo/engo/event/zensenbotushatoushiki.html

平和の礎(いしじ)
http://kouen.heiwa-irei-okinawa.jp/shisetsu-ishigi.html

大田昌秀さん死去 元沖縄知事、米軍用地手続き拒否 92歳
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12984382.html

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら