記事提供:messy

『あさイチ』番組HPより。

6月21日放送の『あさイチ』(NHK)で特集された「無関係ですか?性暴力」。終盤に読み上げられた視聴者からのFAXに非難が集まっている。

放送では、女性の15人に1人が同意なしに無理やり性交された経験があり、加害者の75パーセントは面識のある人で、被害者の7割近くが誰にも相談できないでいることなど、性暴力の実情などを取り上げたほか、「若い女性だけが狙われる」「(挑発的な服装など)自分が招いたこと」「抵抗すれば防げる」といった誤った認識が世間で持たれていること、いわゆる“レイプ神話”についても紹介されていた。

だがこの放送中に届いたとして、最後に読み上げられた視聴者からのFAXはまさに“レイプ神話”そのものだった。

「被害に遭ったときに激しく抵抗し大声を出せば避けられるのではないか」(60代男性)

「死ぬ気で抵抗すれば防げる。性交が成し遂げられたのは女が途中で諦め許すからである」(70代男性)

「女性にとっては酷なことだとは思うが、男が狼の一面を持っていることは本当のことで、それを肝に銘じて言動することが求められる」(70代男性)

「性暴力は本当に加害者が悪い場合と、やはり被害者でありながら落ち度がある場合がある。女性として常に危機感を持つことが大切だ」(20代女性)

ゲストのジョン・カビラがこれらの意見について異を唱えたことがすでにネットニュースにもなっているが、カビラは「たとえば、娘さん、奥さんが同じ被害に遭った場合、同じことが言えますか?」「『最後まで抵抗しなかった君が悪い』って言えますか?」など反論し、さらにレイプ神話についても「それに『レイプ神話』っていう言葉もそこで使ってほしくないですね。レイプのうそ、誤解。『神話』って神々しいことは全くないので」とそのネーミングについても疑問を呈した。

ネット上ではこのFAX送信者らを「老害」と罵るなど怒りを込めた批判が噴出しているが、こうしたFAXを送る面々は、放送を観てもなお、性暴力がどのようなものなのか理解できないのであろう。

特に「死ぬ気で抵抗すれば防げる」という意見は、実情を知らなすぎるが故の妄言としか言いようがない。実際に起こった性暴力事件を見ると、むしろ「死ぬ気で抵抗すれば殺されてしまう」ケースが目立つのである。

これまでに筆者が傍聴してきたなかで、性暴力を受けそうになった被害者が必死に抵抗したことで殺害されたという事案はいくつもある。

以下、おそらく読んでいてつらくなるであろう描写が続くため、性暴力サバイバーの方にはおすすめできない。被害経験のない女性であっても残虐性に衝撃を受けるかもしれない。

■江東区神隠し殺人

2008年4月、東京都江東区潮見のマンションから東城瑠理香(23=当時)さんが行方不明になる。防犯カメラにはマンションに入る姿は映っていたものの、出る姿は映っておらず「神隠し事件」など呼ばれた。

警視庁は同年5月25日、部屋に残された指紋から、住居侵入の疑いで同じマンションの2軒隣に住む星島貴徳(33=当時)を逮捕。その後殺害と遺体の損壊、遺棄についても認める。下水道からはバラバラにされた瑠理香さんの遺体の一部が発見された。

翌年に開かれた公判では、星島が女性を「性奴隷」にしたいという願望を持っていたことが語られた。

「女性を自分の部屋に連れ去って…性的快楽を与え、自分の言いなりにしようと思っていました…。自分なら、できると思っていました…。私のセックスで、私に依存していただいて、私が必要な女性にする…。セックスして調教しようと思っていました…そうなると思っていました。性奴隷にすることができれば、恋人のようになれると思っていました。それ以上は深く考えていませんでした…」

2軒隣に女性が引っ越してきたことは分かっていた。だが、被害者の姉が一人暮らしをしていると思っていたのだという。4月18日金曜日の夜、被害者が帰宅した瞬間に自室に引きずり込んだ。

「普通のOLは金曜の夜から土日が休みだろう、そうなれば、3日かけて調教できる」

こんなことは考えつくが、通常、いきなり部屋に連れ込まれて従順に「性奴隷」になってくれるはずがない、ということには思い至っていなかったようだ。

当然ながら、星島の想像している以上に(性的快楽を与えれば従順になると思っていたのだから、抵抗しないと思っていたのだろうか)被害者は大声をあげて激しく抵抗をしたため、星島は被害者を殴りつけてしまう。

また被害者の姉が、妹がいなくなっていることから警察を呼んだ。このときの警察の訪問はやり過ごしたが、星島は自分の行為が明るみになり罪に問われることを恐れたため、被害者の首元をナイフで刺し、殺害した。

■世田谷アルバイト同僚強姦致死事件

2006年12月、東京都世田谷区のアパートで居酒屋アルバイト、斉藤静香さん(22=当時)が殺害された事件。強姦致死や殺人などの罪に問われた那須野亮(逮捕当時28)は、被害者と同じバイト先で働いていた。

被害者に好意を持ち、「夜景を見に行こうよ」「お昼一緒に食べようよ」など繰り返し誘っていたが、被害者はこれに応じず、想いが募る。ある夜、バイト終わりの被害者を尾行し家を突き止めた。

すると今度は部屋に入りたいと思うようになり、バイト先のロッカーから被害者の鍵を盗み出し、合鍵を作った。すると今度は、これを使って部屋に入り、被害者をレイプしたいと思うようになる。

しかも「恥ずかしい写真を撮って口止めをしよう」とも考えた。那須野の考えた計画は以下のようなものだ。

・被害者の部屋に先に入り、待ち伏せし、被害者が帰ると背後から腕で首を絞めて失神させる。

・その後ガムテープで目隠しをし、手を縛り、肛門にワインを注入し、酩酊させる。

・レイプする。

・チアのユニフォーム、体操服などを着ている写真、浣腸をされている写真を撮る。

・「誰かに言うとその写真をばらまくぞ」と被害者にメールを送る。

ところが先と同様に、被害者は那須野が『思っている以上に』抵抗をした。一度は首を絞められ失神したが、意識を取り戻した被害者は手足をばたつかせて暴れ始めたのだ。

これに焦った那須野は「バレたら終わりだ」と思い、なんとか被害者を静かにさせようと馬乗りになり首を絞め、結果、被害者は死亡した。途中何度か被害者が意識を取り戻したため、その度に腕や紐で首を絞める行為を繰り返した。

「8回以上は絞めたと思います」

と那須野は調書に語っている。

ぐったりして動かなくなった被害者を見て「ようやく静かになった」と思った那須野は、その後被害者の裸体を撮影し、脅迫メールを被害者の携帯に送信後、強姦する。

中出しをしたのちにシャワーのホースを被害者の膣に突っ込み洗い、落ち着いたところでようやく、被害者が死亡していることに気づいたという。

「確かに早く意識が落ちてほしいという認識はありました…。でも、時間がかかっても、強い力で絞めるのは危険だと思っていたので、時間がかかっても、力を抑えて絞めようと思っていました」

殺す目的でなく意識を失わせる目的で力を抑えて首を絞めたという言い分には、公判で検察官も裁判官らも厳しい追及を繰り返していた。

■岩手県母娘強盗殺人事件

2006年7月19日、盗みや乱暴目的で岩手県洋野町の会社員女性(当時52)とその二女を殺害し、金品を強取したのちに遺体を山林に遺棄した事件。

青森県八戸市に住む塗装業、若林一行(2015年死刑執行=当時39)は乱暴と強盗目的でこの被害者宅にすりこぎを持って侵入。

帰宅した女性の頭部をすりこぎで後ろから殴りつけ、玄関で強姦しようとしたところ、女性に激しく抵抗されたため、覆面が取れてしまった。

これに逆上した若林は、女性をなんども殴りつけた挙句、馬乗りになり首を絞めて殺害。のち帰宅した二女も殺害し、強盗殺人や強盗強姦未遂等に問われていた。

一審の盛岡地裁、罪状認否においては起訴事実を認めていた。ところが死刑判決が下され控訴したのち、仙台高裁での控訴審においては「産廃の仕事を一緒にやっていた人間が犯行に関わっていて自分は知らずに遺棄だけ手伝っただけ」と否認に転じる。

殺害行為を行ったのはキヨカワなる人物であると延々主張していたが、この人物の存在が確認されぬまま控訴審も結審。控訴は棄却され一審の死刑判決が支持された。上告審でも同様に、2012年に死刑が確定し、すでに執行されている。

若林には妻と子がいたが、パチスロなどで借金を作り、金に困っていた。事件1年前の春から、空き巣を繰り返すようになる。

被害者宅もそうした空き巣の物色中に、母娘2人暮らしであることを知り「ロープで縛り上げて現金の隠し場所を聞き出し、乱暴もしてやろう」と考えたとされている。

また二女殺害に至っては「どうせなら徹底的にやってやる」と最初から殺意を持ち襲ったという。遺体を遺棄したのちはパチンコ店に立ち寄っていた。

==========

これらのケースでは加害者が「性奴隷にしたい」「レイプして口止めしたい」「金を盗んで強姦したい」など限りなく自分本位な目的で被害者を拘束しようとしたところ、被害者に激しく抵抗されたため、犯行が露見することを恐れ被害者を殺害している。

ちなみに若林のように空き巣目的で忍び込み金品を盗み続けるうちに、女性の住む家であれば強姦しようと思い始めるケースは他にもある。

2007年に埼玉県川口市で会社員の女性宅に忍び込み、帰宅時に襲いかかりキャッシュカードを盗んだが、声をあげ騒がれたため「騒がれては困る。早く逃げたい」と被害者の首を絞めて殺害した清田龍也(逮捕時40)も、金に困り、空き巣を重ねていたが、一人暮らしの女性をを狙い「騒ぐと殺す」と脅して強姦も繰り返していた。

激しく抵抗されないようにまず殴るなどの暴力で被害女性を精神的に屈服させてから強姦に至るケースも珍しくはない。

強盗や強盗強姦などの罪で服役、出所後に空き巣や強盗致傷、強盗強姦を繰り返したのちに大学生を殺害した竪山辰美(逮捕時53)は、最初に女性をナイフで脅して抵抗を封じる、殴るなどしたのちに強姦行為に及んでいた。

一連の事件を見れば、「死ぬ気で抵抗すれば性暴力被害は防げる」という言説は完全な誤りであり、実際には「死ぬ気で抵抗すれば殺される」ことがままあることがよくわかる。

「抵抗しなければ強姦されて金品も奪われるが、命は助かる【かもしれない】」という程度でしかないのだ。『あさイチ』で的外れなFAXを送信した人々や、同様意見を持つ“レイプの嘘”を信じる人々には、まずこの事実を知っていただきたい。

そして、性犯罪を厳罰化する刑法改正案が6月16日に国会で成立したが、この改正刑法でも強姦罪の構成要件には相変わらず「反抗を著しく困難ならしめる程度」の「暴行又は脅迫を用いて」とある。

これでは被害者がどれだけ抵抗したかが、強姦だったか合意の性交だったかを左右してしまう。被害者は抵抗すれば殺されかねないと察知し、無抵抗にならざるを得ないのだということが広く周知される必要があるだろう。

高橋ユキ

傍聴人・フリーライター。2005年に傍聴仲間と「霞っ子クラブ」を結成(現在は解散)。著作に「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(高橋ユキ/徳間書店)など。好きな食べ物は氷。

@tk84yuki

権利侵害申告はこちら