“モフモフの愛猫がそばで見守る中、料理をする”という動画でお馴染みの日本人ユーチューバー“JunsKitchen”さんが公開した…

「サビ包丁を研ぎ磨く 」

というタイトルの動画。これが公開されるやいなや、たった5日で790万再生突破!現在も飛ぶ鳥を落とす勢いでアクセスを伸ばしているので紹介したいと思います。

■凄い。ただただ凄い。
■さすがは日本人。器用すぎるだろ。
■美しい。まるで芸術作品を見ているかのようだ。
■面白い。いつまでも見ていられるよ。

コメント欄に寄せられていた称賛の声。使用するのは300円で手に入れたという見るも無残な包丁なのですが、Junsさんの手によってあれよあれよと大変身!

まるで真剣のような姿に生まれ変わるのでした!

コチラが研ぐ前の姿。

さすがにここまで錆びていては、修復不可能のような気がしてならないのですが…

まずは包丁全体にクリームクレンザーをかけ

錆を落とす工程からスタートするJunsさん。

想像を絶する地味な作業。

どうにか錆は落とせましたが、良く見ると包丁は傷だらけ。ですので、今度は砥石を使って表面を磨いていきます。

包丁を綺麗に研ぐ為には、荒砥石、中砥石、仕上げ砥石等、粒度の違う砥石を使い分ける必要性があるのですが、さすがは料理動画を中心にアップしているユーチューバー。その点は百も承知。荒砥石 → 中砥石 → 仕上げ砥石の順で、見事に研磨していきます。

かなり綺麗にはなったものの、まだまだ納得がいかないJunsさん。

様々な砥石、研磨剤を使い、さらに研磨!

その結果…

見るも無残な姿だったサビ包丁が

驚きの姿に!

まるで真剣のようにピカピカになった包丁。では、その過程と驚異の切れ味を動画でご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェェ (゚Д゚) ェェェエエエ!!!

刃先を当てるだけで真っ二つになる紙!

水に浮かぶ葉っぱも…

包丁を振り下ろすだけで

この状態!

まるで石川五右衛門の斬鉄剣のよう。

実は以前、100円ショップで購入した包丁をガチガチに研いでみるという動画をアップしていたJunsさん。その時も世界中で話題となっていましたが、今回は、酷い錆状態からの奇跡の再生!これは多くの人々が評価しているのも頷けますよね。

手入れさえすれば長く使える包丁

手間こそかかるものの、より一層包丁への愛情が湧く「包丁研ぎ」。アナタも数種類の砥石を用意し、自慢の包丁をピカピカにしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら