記事提供:日刊サイゾー

森且行インスタグラムより。(現在は削除)

SMAPの元メンバーで、オートレーサーとして活躍中の森且行の“パチンコ台”が発売される見込みであることがわかり、ジャニーズファンがザワついている。

遊技機販売会社・NARUCOのホームページには、14日に検定を通過した台として『CRオートレーススピードスター森且行LLD』の文字が。これに、ネット上では「なんで森くん!?」「意表をつかれた!」「なんか意外」と驚きの声が相次いでいる。

森といえば、自身もパチンコ好きとして知られ、ホールでの目撃情報は多い。そのため、パチンコ台になることを本人も喜んでいるかもしれない。

「元ジャニーズのパチンコ台は、郷ひろみを題材にした『CRGO!GO!郷』シリーズと、これだけでは?森は400人以上いるオートレーサーの中でも、知名度はもちろん、実力もトップクラス。ここ数年は、パチンコ店でトークショーを行ったり、警察庁の1日署長を務めたりと、オートレースのPR活動に尽力。広告塔として腹を括っている印象です。話題の台も、JKA(競輪・オートレース振興法人)が絡んでいるのではないかとウワサされています」(芸能記者)

森が来店したパチンコ営業には、全国からSMAPファンが集結。「森ク~ン!」と黄色い声援が飛び交うなか、森はSMAP時代の思い出などを語っていた。

なお、『CRオートレーススピードスター森且行LLD』のメーカーは、『DD北斗の拳』や『パチンコCR弾球黙示録カイジ沼3』などのヒット台をリリースする「高尾」。早ければ、年内にもリリースされる見込みだ。

木村拓哉を除くSMAPメンバーが集まった昨年大みそかの“焼き肉集会”にも同席していた森だけに、昔のSMAPに思いを馳せたいジャニヲタがパチンコ屋に殺到しそう。撮り下ろしスチルや、森の声による演出もありそうですから、台を撮影しながら打つジャニヲタの姿が目立ちそうですね」(同)

元メンバー3人の退社が発表され、完全に解体されつつある元SMAP。ファンはパチンコ台に向かうことで、そんな辛い現実を一時でも忘れられるかもしれない。

権利侵害申告はこちら