記事提供:Conobie

長女が参加した借り物競争で、一緒に1位を取ろうと意気込んだのですが…。肝心なことを忘れてた!!

最近、春~初夏にかけて運動会をする学校も増えてきましたね。

もう終わった人もいるでしょうか?秋開催の学校では、これからちょっとずつ準備ですかね。

そんな運動会の、思い出話。

長女が小学校5年生のとき(今から6年ほど前)の運動会のこと。

小4と小5で、保護者も参加できる親子競技「借り物競争」があったのですが、小4のときは私が骨折をしていたので、参加できず。

待ってましたよ、5年生。今回はケガもなく!!

何より私、こういう行事、

そして借り物競争は、運動会の中でも、リレーや騎馬戦の次に盛り上がる競技。

別に自分の子どもじゃなくてもいいんだけど、やっぱり我が子と走りたい!!

長女が何を借りに来るのかは運任せ。ドキドキして待ってたよ。

長女がスタートを切った!

借りるものを書いている紙を拾った!何?何って書いてるの?

ここでちょっと豆知識。

ジョイナーとは1988年のソウルオリンピックで100m、200m、400mで金をとった三冠王なのだ!

爪がすごい長いのが特徴だったYO!ジョイナーを知ってる方は、私と同年代や!

心だけが空回り。

ついでに足も空回り。ビリだったYO!

運動会で、よく豪快に転ぶ保護者とかいますよね(おまえだよって?)。

私、あれ見てて、なんで転ぶか分からなかったんですよ。

滑ってるのかなって思ってたら、違う。

運動してないと、本当に走れないんです!!足が絡まるの。

いつまでも運動できると思うな、自分の体!!

ちなみに、親子リレーでアキレス腱を切った親御さんもいました。

準備運動は大事!!

権利侵害申告はこちら