記事提供:Conobie

服に無頓着な長男ヒカの服を買う時は、とにかく「着やすく着ているのが楽」な事を重視していました。結果、毎回同じパターンの服。

数年後、そんな私に娘が生まれ…。

服を買う上で一番大事なのは…

この春小学校に上がった長女メリと、保育園に入園した次女ルル。

メリは小学生になった事により、「体育時の着替え」という心配が出てきました。

今まではずっと同じ格好で過ごしていたので、短時間で着替え移動する、という経験がまだあまりないメリ。

同じく小1になった子を持つ友達と話していても、体育の時は見た目よりも着替えやすさ重視、重ね着だったりボタンの多い服は避けるらしく、着替えの心配はどこも一緒なんだな…と感じました。

そして次女ルルも、現在保育園で1人でトイレを頑張っているところ。

何も言われてはいませんが、長いと捲りにくいんじゃないか…、脱ぎやすいズボンがいいんじゃないか…、なんて考えていると、結局毎回ワンパターンに!

しかも、色も薄い色だと汚れが目立つので必然的に濃い色になり、柄物だと合わせにくいのでシンプルなものが多くなる…。

どんどん似たような服が増えていきます(笑)

その代わり、休みの日は思う存分好きな格好をしていいよデー。

着替えとトイレの心配がなくなる日まで、ワンパターン生活は続きそうです…。

権利侵害申告はこちら