記事提供:Conobie

今までなんとも思っていなかった周囲の光景が、息子を産んで育てているうちに…。

2人の子どもに恵まれてから

子どもたちが、将来どんな風になるのかを考えるようになりました。

周囲の子どもをみると…

我が子が男の子2人ということもあり、自然と男の子に目が行くようになっていきました。

あの子もこの子もみんな小さい時はお母さんに抱っこされて、ご飯を食べさせてもらって、わがままを言っては怒られ、一緒のベッドで寝て…。

今自分が息子たちにしていることをしてきたんだな~と思うと、まるでその子たちの母親になったような気持ちになり、応援したり、心配したりと温かい目で見守るようになりました。

そして…

息子を産んで母性が爆発しているのでしょうか…。

自分と同年代の人のことを見て、「この人のお母さん、息子がちゃんと働いてるのか、ご飯食べてるのか、栄養考えてるのか、きっと心配してるだろうなぁ~」と思うことも(笑)。

働いていた頃は自分と同じ社会人のことを「社会人としてマナーがなっているか、ちゃんと仕事をしているか」と、どちらかというと厳しい目で見ていたような気がするのですが、子どもを産んで変わることって色々あるんですね。

もちろん女の子のことも、母親目線で見てしまいます(笑)。

権利侵害申告はこちら