記事提供:Entame Plex

今月E.G.familyプロジェクトを発表し、新たに11人体制となったE‐girls。

その第一弾シングルとなる新曲「Love☆Queen」(7月26日発売)のミュージックビデオが解禁になった。

今作は、​歌詞からも想起される鮮やかなヴィジュアルが今にも目に飛び込んでくるような、E‐girlsの魅力を全て詰め込んだ楽曲。イントロの8小節で新時代の幕が開くような期待感と共に鮮やかなサウンドがより一層E‐girlsの輝きを増す作品となっている。

楽曲についてボーカルの鷲尾伶菜は、「新生E‐girlsの一発目のシングルなので、キャッチーな楽曲で、みなさんに口ずさんで頂いたり、一緒に踊っていただける作品がいいとメンバー全員で話し合っていました。新生E‐girlsはボーカルが3人になるので、レコーディングの時に意見を出し合いながら、3人だからこそ奏でられるハーモニーや声のバランスなど、いつもより沢山の時間をかけて仕上げた楽曲」とコメント。

そんな期待感を感じさせる「Love☆Queen」のMVは、E‐girlsとして初めて海外撮影を行った過去最大規模の作品。

米・ラスベガスの地に降り立ち、ヴァレー・オブ・ザ・ファイアー州立公園の広大な赤褐色の砂岩や、ラスベガスを象徴する赤や黄色など、様々な色の眩い光を放つクラシックなネオンサインを背景に、より洗練された一糸乱れぬパフォーマンスを見せる映像作品となっている。

パフォーマーの須田アンナは、「海外で初めてのミュージックビデオ撮影を、憧れの地で撮らせて頂けるということでとても嬉しかったです。色々なタイミングが重なって、この時が来たんだという感じでした。ラスベガスを意識して表情を作るなど、リハーサルを積み重ねてきたので、本当に撮影現場に入ったらあとはやるだけという感じで、みんなで気合いの入ったパフォーマンスができたと思います」とコメント。

同じくパフォーマーの佐藤晴美は、「ボーカルの3人がレコーディングの時に、音に対するこだわりをそれぞれが持っていて、みんなで良くしていこうという姿を近くで見ていたので、パフォーマー同士でも、パフォーマンスをこうしたいとか、同じように意見を出し合っていて、グループの中の自分の役割にみんな一生懸命になっていい作品を作ろうとしていましたし、作品にかける想いも強い作品になりました!」と熱いコメントを寄せている。

なお、今作のMV解禁直後となる6月23日(金)には、音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)への出演も決定しており、11人体制となって初となるテレビパフォーマンスも披露する。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら