記事提供:Techinsight

RIKACO「便りがないのは元気な証拠ってか」

タレント・RIKACOの次男は今月に通っていたインターナショナルスクールを卒業し、早速学校の友人らと海外旅行に出発したという。彼らはそれぞれ違う国の大学へ進学するため、高校生活最後の思い出作りの旅となる。

初めて友達同士で海外に出かけた次男は気がかりではあるが、RIKACOは笑顔で「行ってらっしゃい」と送り出した。そして彼女も“子離れの練習”も兼ね日本を離れ、大好きなハワイで心身を休めている。

次男の高校卒業まで自ら車を運転して、送り迎えをしていたRIKACO。「長年通ったインターナショナルスクールと今日でお別れ」「嬉しいような寂しいような」と卒業式を迎えた感想を『RIKACO rikaco_official Instagram』に綴っていた。

これで息子2人は高校を卒業し、子育ても一段落したことになる。だからと言って、すぐに子離れすることは難しいものだ。

次男は仲の良い友人ら6人と海外へ旅立ち、RIKACOは慣れたハワイに滞在。日本の生活と同じく料理をしたり、ジムに通ったりしながらも、ふと考えるのはやはり次男のことだという。

「#今日はまだメールも電話もない」と心配になるものの「#便りがないのは元気な証拠ってか。笑」と自分を納得させ、“子離れの練習”だからと彼女は息子に連絡を取りたいのを必死に堪えているようだ。

コメント欄には「子離れの練習、素敵ですね」「たぶん誰が何を言っても、リカコさんの淋しさは無くならないと思います」「自分が愛情を込めて育てた息子を信頼して、ゆっくりして下さい」「私も子離れする時は、ハワイときめてます!」と同じ世代の子を持つ母親としてRIKACOの心情に理解を示し、励ましの言葉も寄せられている。

権利侵害申告はこちら