記事提供:Techinsight

“マカンコウサッポウ”を楽しむモー娘。メンバー。

モーニング娘。'17が応援大使を務めたプロ野球の日本生命セ・パ交流戦で大役を果たした。

6月18日、石田亜佑美が『モーニング娘。'17 天気組オフィシャルブログ』にて交流戦史上初の3連覇となった福岡ソフトバンクホークス(生田衣梨奈担当球団)を「3年連続だなんて…すごいっ…!!積み上げてきた力なんですかね…」と称えている。

石田が担当した東北楽天ゴールデンイーグルスについても「リーグ首位だったってことだけでも感動だ!」と喜んでおり「これからも野球結果見ちゃうだろうな」というほどファンになったようだ。

そんな彼女が「久しぶりに“マカンコウサッポウ”しました(笑)」と交流戦とは無関係な1枚を公開している。

「魔貫光殺砲」(マカンコウサッポウ)は『ドラゴンボール』に登場するピッコロなどが使う技で、気を溜めて放ち相手を撃破するものだ。

写メで人物が宙に浮いたように見せかける撮影手法が広まり、2013年頃から女子高生を中心に人が吹っ飛ぶ瞬間を真似て「マカンコウサッポウ」とSNSに投稿するのが流行った。

石田によると、今回それに挑戦したモー娘。メンバーは「センター工藤遥ちゃん(中二病)」が気を放つ役で、吹っ飛ばされたのが左から牧野真莉愛飯窪春菜石田亜佑美横山玲奈となる。

「いい躍動感でたなぁ(笑)」と満足そうな彼女に、ファンから「マカンコウサッポウ懐かしい!笑 みんながやるとさすがの跳躍力だねー」「お~っ!すげぇ~躍動というかジャンプ力。そしてタイミングがバッチリ。感動しました」と反響があり「さすが工藤遥ちゃん(中2病)ですわ」と感心する人もいた。

日頃からダンスで鍛えているだけに体力は心配ないし、息を合わせるのは得意だろう。次に応援大使を務める際は「マカンコウサッポウ」をパフォーマンスに取り入れると面白そうである。

モー娘。の牧野真莉愛、飯窪春菜、工藤遥、石田亜佑美。

権利侵害申告はこちら