どこか懐かしい食べ物を愛情込めて紹介する無料メルマガ『郷愁の食物誌』。今回は、不二家の看板商品で「ママの味」のキャッチコピーでおなじみの「ミルキー」です。

戦後の激動の中、2年もの歳月をかけて生み出されたというミルキーの歴史を、メルマガ著者のUNCLE TELLさんが紹介しています。

不二家のミルキー誕生秘話

さて、ペコちゃん、ポコちゃん、ミルキーの不二家である。この会社のカラー、森永や明治とはちょっと変わっている。違った路線を行っていると言っていいか。

創業は明治だから歴史は古い。創業は1910年(明治43年)、創業者の若い藤井林右衛門(25歳)が、横浜・元町に洋菓子店を開いたのが始まりである。

2年後、当主はアメリカへ洋菓子事情と技術習得のため出かけているので、大いに先取の気概を持った人物だったらしい。

2年後、帰国した彼は洋菓子店の隣りに喫茶店を新設し、「ソーダ・ファウンテン」と名付けるなどその気鋭躍如たるところがある。店舗も増やし、1922年(大正11年)には、ショートケーキ、シュークリームなど発売し好評を得ている。

1923年(大正12年)、東京銀座へ進出するも、同じ年の関東大震災で横浜の2店舗とともに焼失するが、めげずに翌年バラックを建てて営業を再開。1930年(昭和5年)、工場を併設した新宿店を開店、菓子メーカーとしてスタート

翌年には銀座に工場、大阪、京都にも店を開いているので、事業は順調に展開したのだろう。1934年(昭和9年)には、三色旗が印象的なフランスキャラメルを発売している。

不二家のアイドル、ペコちゃんが誕生するのは戦後の1950年(昭和25年)。年齢6歳の女の子。翌年にはボーイフレンドのポコちゃんも登場。

そしてこの年、1951年(昭和26年)、記念すべきペコちゃんとポコちゃんの絵柄のミルキーが発売された。それは、従来のキャラメルというイメージからはだいぶ違っていた。

戦後の焼け跡からスタートした「ミルキー」の歴史

不二家のウェブサイトにあるミルキー資料館から、ミルキー誕生秘話のあらましを紹介しよう。

なお、現在までにミルキーと名のついたお菓子は、キャンディのほか、ドリンク、チョコレート、またいろいろなティストのミルキー、期間限定商品とバリエーションが広がっている。

1951年(昭和26年)の発売以来、半世紀以上、ロングセラーを続ける“ミルキー”は、初代社長の藤井林右衛門の意気に燃える青年のような夢からスタート。

戦災で焼け残ったボイラー
たった一基を手掛かりに、彼は戦後いち早く沼津工場を再建。ここで水アメと練乳の製造を開始

水アメと練乳、二つの製菓材料を手にした林右衛門はこれをなんとか結び付けようと思案。以来、自宅に程近い鶴見工場に暇さえあればこもり、試作と吟味を繰り返した。1949年(昭和24年)~1950年(昭和25年)頃のことである。

胸にあるニュー製品、幼児を対象とし、やさしい「ママの味」をキャッチフレーズとする構想はすでに固まっていた。だから新製品は、母親の愛情を表すようなやわらかい味母乳のなつかしさを感じさせるようなお菓子でなければならない。

丸2年の間何十何百の試作品が作られ検討されたといわれる。ようやく完成したのは、1951年(昭和26年)。

練乳を50%
近く使い、思い切ってまろやかな味を出したため、砂糖3.75kg(1貫目)が2000円、バターもまだろくに出回らない、米の値段が60kg、2800円という当時としては考えられないほどぜいたくいっぱいのお菓子だった。

開発段階では、“ジョッキー”と名付けられていたとされるが、「牛乳そのままの味を生かした」というイメージから、“ミルキー”という名で発売された。

まずは銀座店でテスト販売、そして全国販売するための条件が整ったと判断された1952年(昭和27年)、いよいよ各地の小売店への卸売りが開始された。

今までにない新しい感覚とおいしさ豊富な栄養、それに10円の廉価という三拍子揃ったこのキャンディは、またたく間にたくさんの子供たち、そして母親たちに支持され大ヒット、不二家の名を全国に浸透させる役目を果たした

キャンディの箱のデザインの秀逸さ、描かれているペコちゃんの愛らしさなどもヒットに大いに寄与したことだろう。

権利侵害申告はこちら