トランシーバーといえば、災害時や停電時などに活躍する本格的なもの以外にも、子どものオモチャとしてもなかなか高性能のものがあるようです。

そんなトランシーバーを題材にした漫画『感度良好』を、『怪獣の飼育委員』や『オークは望まない』などの作品を描かれている漫画家の島崎無印さんが、自身のTwitterアカウント(@shimazakikazumi)に投稿されて話題になっています。

『感度良好』

キッズ用のトランシーバーを買ってきて、妻に嬉しそうに話す夫。どのくらいまで電波が届くかテストしたいからと息子と外出する夫に「まったくガキなんだから…」とぼやく妻ですが…

なにこれ…。

思わずニヤけてしまうんですが!

もだえる…。

ラストのコマでトランシーバーを離す仕草が可愛すぎて、羨ましいほど。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらの漫画は、41,000以上のRT(リツイート)や、92,000を超えるいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

なにこれすっごいいい
・こーいうの好き
幸せそうで羨ましいよ〜(笑)
朝からキュンとしました
思わずニヤけてしまった
・これが萌えか
感度良好すぎますね!
こーゆうのあこがれる
・こんなお話、大好きです
床があれば転げ回りたいです。悶絶です

などの声がたくさん寄せられています。

ちなみに…

島崎無印さんファンの方はもうお気付きかもしれませんが、今回ご紹介した漫画は、以前投稿された漫画の続編だったのです。

こちらの2人の結婚後のエピソードだったのですが、この作品もまた胸がキュンキュンする展開です。

その他にも、島崎無印さんのTwitterアカウントでは素敵な漫画をたくさん公開されているので…

興味のある方は是非Twitterアカウントをチェックしてみてくださいね!

関連記事

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら