記事提供:AbemaTIMES

お笑い芸人、画家、プロボクサーなど様々な肩書きを持つ片岡鶴太郎(62)が今月14日より東京・上野の森美術館で行われている自身の展覧会「片岡鶴太郎展 還暦紅」の舞台裏の様子を明かしている。

片岡の制作活動20周年と還暦を記念し、2014年から全国各地で開催されている同展は、過去の様々な名作から新作まで、存分に「鶴太郎ワールド」が味わえると好評。

そしてラストとなる上野の森美術館では、「上野の森という事で、壁面にパンダを描きました」とパンダの絵を壁面に描いたことを報告し、その絵も公開。

白と黒のみならず、黄色や赤、紫など様々な色を用い温かみを感じさせるタッチで描かれており、今月12日に5年ぶりにパンダが誕生し、改めてパンダフィーバーが巻き起こっている現在の上野にはもってこい。

ファンからは、「優しさが伝わってくるパンダの絵ですね」「とても愛くるしく可愛いパンダに微笑んでしまいました。お休みの日に必ず見に行きます!!」などといった声があがっている。

片岡といえば、最近ではインド政府公認の「プロフェッショナルヨガ検定インストラクター」にも合格したことが話題。ヨガの効果でピーク時から20キロ以上体重が落ち、現在は43キロであるという体もまた注目の的となっている。

無料 ニュースも音楽もアニメも24時間放送中! AbemaTV

この記事を書いたユーザー

AbemaTIMES このユーザーの他の記事を見る

AbemaTIMESは「見たい!」がみつかる情報ニュースサイトです。無料でみれるインターネットTV局『AbemaTV』の番組を中心に、ニュース映像や面白動画の紹介、著名人コラムやインタビューなど、選りすぐりの情報をお届けします。

権利侵害申告はこちら