記事提供:おたぽる

TVアニメ『ドラゴンボール超』公式サイトより。

放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関・BPO(放送倫理・番組向上機構)。

そのBPOが、素直にうなずけるご意見もあれば、思わず首をかしげたくなってしまうご意見も、「これはツッコミ待ちなのかな?」という珍意見も寄せられることで定評のある、「2017年5月に視聴者から寄せられた意見」を公開したので、紹介してみたい。

まずおたぽる的に気になるのが「アニメ番組で、断ることのできない年上の男性から、若い女の子が身体を触られたり、下着を覗かれたりというシーンが放送された。ストーリーとはほとんど無関係だ。我が家の子どもも大好きで毎週欠かさず見ているが、子どもも見るアニメとしては不適切な内容だ」という意見。

ネット上のアニメファンの反応・推測を探ると、『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)を指しているのでは、という声が多いようだ。5月7日に放送された第89話「現れた謎の美女!天津流道場の怪!?」。

全宇宙の命運をかけ、選ばれた10人の戦士が戦う“力の大会”に出場するため、戦士を集めていた孫悟空。久しぶりに天津飯のところへ向かうと、立派な道場を建て、たくさんの弟子たちを育てていた。

道場の名誉師範として亀仙人も招かれていたのだが、そこに可愛いが何やら怪しい新キャラクター・ユーリンが登場。天津飯を逆恨みするユーリンは、妖術を駆使して孫悟空や天津飯を苦しめるのだった――というストーリーが展開された。

久しぶりに亀仙人、天津飯、餃子、さらにウーロンといった無印『ドラゴンボール』初期からのキャラたちが登場し、オールドファン大喜びの第89話であったが、お話の途中、何とか天津飯への復讐という目的と、正体とを隠そうとするユーリンが、亀仙人にエロい目でジロジロと見られたり、ミニスカ道着を着させられたり、尻をつつかれたり、パンツを見られたりとセクハラされてしまう。

ネット上では、今月の意見はこの一連のシーンを指しているのでは、という声が多いようだ。

新キャラで可愛い女の子が登場、しかもエロい目に遭ってしまったため、男性ファンからは歓迎の声が挙がったのだが、たしかにセクハラといえばセクハラではある。

だが、亀仙人といえば30年以上前の初登場時から腕はすごいし、偉いはずなのだが、どうしようもなくスケベというギャグキャラとして描かれてきた人気者。

毎週楽しみに見ているのなら、亀仙人がもともとそういうキャラであることを知っていそうなもの。

もちろん反論する声も多かったが、一方で「亀仙人のセクハラが許されないとか。息苦しい時代だな」「この程度の表現でもダメなのか…」「あれでも昔よりは抑えめになってるのに」「嫌な時代になったものだ」と、時代の流れを嘆くファンも多かった。

なお、「今月の意見」で目立っていたのは「テレビをつまらなくしないでほしい。『芸』を見て真似る子がどれだけいるだろうか。たぶん、ほとんどいないと思う。テレビの影響は悪いものばかりでなく、良いこと悪いことを判断する力を養う役目もあるはずだ。テレビを見ながら会話して、何をやってはいけないかを教えるのが親の役目だ」という意見だろう。

先月、先々月と2カ月連続で、「万一にも局部が露出したら、公然猥褻などの犯罪になるのではないかと思った。軽犯罪法に該当しないのかとも思った」「素っ裸にお盆一枚で局部を隠す裸芸をしているが、公共の電波を使って裸芸は問題がないのか。子どもの教育にも悪影響があると考えるので今後、テレビに出演させないでほしい」(各々一部抜粋)といった、お笑いタレント・アキラ100%に関するものと思われる意見を掲載したBPO。

その後、松本人志が5月21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、「ある意味、一番倫理観がある」「放送コードで(局部を)出してもいいってなったらこの芸は成立しない。規制があるからこそできる芸」などと反論。

さらに6月6日放送の『バイキング』(フジテレビ系)ではアキラ100%が「服は無くても心は紳士、これだけは胸に秘めていつもネタをやっています」などと述べ、さらに坂上忍や小籔千豊もBPOに苦言を呈する一幕もあったのだが、そういった反論が効いたのかどうか、いきなり擁護の意見を掲載したのだ。

バランスをとったつもりなのかもしれないが、いくら何でも手の平返しが過ぎはしないだろうか。

権利侵害申告はこちら