「猫カフェ」と聞けば、すっかり定着したイメージがあります。では、「保護猫カフェ」はご存知でしょうか?

保護ネコカフェとは、寄付金や補助金などに頼らず、自力で猫の保護活動を継続していくことを目的とし、里親が見つかるまで一時的に猫を預かっている団体のことをいいます。通常の猫カフェとは全く違うようです。

今回、そんな活動をおこなっている「ネコリパブリック(NECO REPUBLIC)」池袋店に取材へ行き、詳しくお話を聞きました。

猫との新しい出会い方。保護猫カフェ『ネコリパブリック池袋店』へ

“67,091”。これが、今回の取材の鍵となる数字です。ピンと来た方はいらっしゃるでしょうか?

この数字は、環境省の統計資料による平成27年の「猫の殺処分数」を表す数字です(現時点で公表されている最新の情報)。

いきなり衝撃的な事実をお伝えしましたが、これでも、殺処分数自体は10年前(平成17年)に比べると、1/3にまで減って来ているというのだから、驚きです。

ネコリパブリック池袋店入口スペース。

今回取材をさせていただいた「ネコリパブリック」さん(取材協力:ネコリパブリック池袋店さん)では、2022年2月22日までに、行政による猫の殺処分をゼロにするという目標をかかげ、「自走型保護猫カフェ」を展開しながら、様々な観点から、保護猫の認知度を高める活動を行っています。

毛づくろいするパクチーちゃん(10才)

自走型?保護猫カフェ?殺処分ゼロって具体的にはどうするの?

様々なハテナが頭に浮かぶ「自走型保護猫カフェ」ですが、今回の取材を通じ、そのハテナをナルホド!に変えて行くことが、結果として殺処分ゼロへつながることなのかもしれないと感じました。

まず、自走型というのは、運営を続ける体力をつけるということです。

“猫を保護する団体”というと、寄付金や補助金という他力に頼りがちなものも多いのですが、寄付金や補助金というのは変動が大きく、そこが断ち切られてしまった場合には、保護活動自体を続ける事ができなくなってしまうのです。

このため、そうした他力に頼らず自力で猫の保護活動を継続していくことを目的としているのだと感じました。

いたるところがおひるねスペース。本物の猫はどこでしょう?

保護猫カフェと猫カフェ、字面を追うとその違いは、お店に居る猫が保護された猫か、そうでないかというだけのように感じますが、実際は大きく違っていました。

普通の猫カフェでは、お店で猫が飼われているだけです。

これに対して保護猫カフェでは、保護猫達が里親さんに巡り合えるまでの間一時的に在籍している場所というスタンスだと感じました。このため、保護猫カフェの猫達には、入れ替わりがあるのです。

里親さんに巡り合えた猫がカフェから“卒業”していくためです。つまり、猫カフェにいる猫は、“プロの猫”なのに対し、保護猫カフェにいる猫は、あくまで「パートナー候補の保護猫」なのです。

広報紙の大統領選挙紙面。

ネコリパブリックでは、「可哀想」とか「やせている」といった“負”のイメージを抱きがちな“保護猫”の可愛らしさを知ってもらい、“保護猫”のイメージアップや、里親さんとの巡りあわせのチャンスを広げて行く場を“猫の共和国”として展開しています。

共和国という体を成すため、選挙によって選ばれた大統領も存在するというのですから、その体制も徹底しています。もちろん大統領は“猫”で、そうした猫達をサポートするために人間が居るのです。

広報紙。英字新聞のようでカッコいいですね。

四半期に1度の割合で発行される広報紙もしっかりとしており、ネコリパブリックの活動や、オリジナルグッズ、共和国の政治体制など(大統領選挙の様子など)が書かれており、読んでいて楽しい内容になっています。

こうした広報紙の売り上げも、保護猫活動の運営費に反映され、入国者(お客さん)が保護猫の手助けをする事に役立てられるという仕組みを作っています。

物販スペース。猫をモチーフにしたグッズが沢山あります。

こうした努力は協賛者を集め、昨年11月には、ネスカフェとコラボした大規模なイベント(ネコ市ネコ座)を原宿で開催していたり、雑誌『anan』で特集が組まれていたりしています。

この取材の前まで、「保護猫カフェ」というカテゴリーの存在を知らなかった私は、大変失礼ながら、その認知度の高さに驚いてしまいました。

入国審査もあり!

ネコリパブリックへのパスポート。用紙の材質が高級感を醸し出していました。

今回は、殺処分ゼロを目標として、猫が幸せを感じられるように開国された共和国、ネコリパブリックの池袋店さんに、お邪魔してきました。

ネコリパブリックでは、各店舗が共和国への入口となっています。このため、入店には、“入国手続き”が必要です。

注意事項などが書かれた“ネコリパブリック憲法”や、“入国確認書”を読み、パスポート申請書に必要事項を記入し、パスポートとビザを発行してもらうことで、猫達の居住区へと“入国”することが可能となります。

ちなみに入国前には、手洗いと、消毒液による殺菌が行われますので、ちゃんと指示に従ってくださいね。

手洗い用の洗面台。壁に飾られている猫パロディポストカードが気になります。こちらは、猫絵師の目羅健嗣さんの作品だそうです。

店内の様子。白黒を基調とし、天井近くにキャットウォークがありますね。

壁紙の黒猫と本物の白猫のコラボ。すっきりとしていて清潔感を感じられます。左下と右下に見えるグレーのボックス内にトイレがあるそうです。

パスポートとビザを発行して、いよいよネコの共和国に入国!

寝起きのふじこちゃん(1才)

さて、いよいよ入国です。池袋店は、テーマカラーを白と黒にしており、その内装も、白と黒を基調としたモダンな造りとなっています。

派手な色使いが無いため、落ち着いた雰囲気で、ゆったりとした空間に居るという感覚になります。ちなみにこのコンセプトカラーは、2匹の白黒猫にちなんだものだそうです。

その2匹の猫というのは、店長(共和国:東京豊島区長)の上野さんが最初に里親となった2匹の黒猫と共に不適切な環境で多頭飼育されていたところから救出された猫達のうちで、里親が決まらなかった猫達なのだそうです。

上野さんは、その2匹のためにできる事は無いかと考え、池袋店を立ち上げる事を考えたそうです。このため、池袋店のコンセプトカラーを、2匹の白黒猫にちなみ、モノトーンとしたそうです。

里親になるだけでなく、自分のもとに来た保護猫の兄弟や一族(仲間)のためにお店を立ち上げてしまうのですから、その行動力と保護猫愛に脱帽です。

池袋店に在籍する猫達。

猫達の居住区に入国してまず目に入るのが、お店に在籍している猫達の写真が貼られたボードです。ボードには、写真と共に名前と年齢、性別が表示されています。

ボードには14匹の猫が紹介されていますが、入店待ち(?)の保護猫達のお話も多数あるそうです。

もともと猫は、集団生活をする動物ではないため、店内で多くの猫を飼育すると、ストレスが溜まりやすくなってしまうため在籍数に制限をかけているそうです。

保護猫と里親さんの出会いという点では、多くの猫をお店に在籍させていた方が効率的なはずですが、効率よりも猫の健康を重視するところが、猫の共和国らしいですね。

リンちゃん(1才)

居眠り中のすみれくん(2才)

在籍している猫達は、至ってマイペースです。なつっこく擦り寄って来る猫も居れば、眠り続けている猫、自分のお気に入りの場所でじっと様子を伺っている猫など様々です。

そんな猫達ですが、おもちゃで遊んでもらうのは好きなようでした。とりわけ、若い猫達は、機敏な反応を示し、縦横無尽に駆け回ったりしていました。

じっと見つめるふじこちゃん(1才)

レーザーポインターを追うチョコちゃんとふじこちゃん。

じっと何かを見つめるこけももちゃん(12才)

池袋店のテーマカラーは、白と黒であるため、内装と同様、猫達にも白黒カラーの子達が多く在籍していました。店内で最年長の猫は、白猫の“こけもも”ちゃん(雌)です。12歳の高齢でおっとりとしていて可愛らしい猫でした。

店長さんのお話ですと、最近、兄弟猫が里親さんと巡り合えたらしく、“こけもも”ちゃんも、きっと、良い里親さんに巡り合えるでしょうとのことでした。

猫達のトイレは、居住区内の複数個所に設けられたボックスの中に設置されており、半隔離空間が形成されております。そして、トイレ用の砂としてヒノキを使った猫砂を採用し、消臭を図っているそうです。確かに、嫌な臭いは全く感じませんでした。

凛々し過ぎるリンちゃん(1才)

おやじのように座るスミレくん(2才)

クロくん(3才)耳の切欠きは、去勢済のしるし。

店内には、猫達の居住区とは別に、多くのオリジナルグッズなどが揃えられた物販コーナーもあります。猫をモチーフにした可愛らしいデザインのものが多く、猫好きにはたまらない宝箱となっています。

猫用のグッズだけでなく、普段使いできる文房具やマグカップなども揃えられているため、生活用品を選びに来るのにも良いかもしれませんね。

物販コーナー。広報紙も多数ありますね。雑誌「anan」にも載っています。

カフェなので、当然ドリンクもあります。

現在の日本では、多くの猫好きが居る一方で、行政による猫(他の動物も)を保護するという体制は整えられておらず、野良となった猫達の保護は、一部のボランティア団体が行うものであるといった認識が持たれている割合が高いようです。

今回の取材では、そうした“他人事”の認識を持った方達に少しずつでも“保護猫”という出会いがある事実を認知してもらい、“参加型の保護”を広める場を提供し続ける事が、ネコリパブリックの目標である“殺処分ゼロ”へ近づく手段の1つなのかなと感じました。

ホットカーペットに横たわるふじこちゃん。

キャットウォークの上から驚き顔でみつめるコロンくん(1才)

お店の猫ちゃんたちは、気取らない、可愛らしい猫達でした。保護猫に興味を持たれた方、実際にお店の方へ足を運んでみてはいかがでしょうか?新しい出会いがあるかもしれませんよ。

ちなみに、ネコリパブリックさんでは、家族として猫を迎え入れる事を推奨している観点から、ご家族で猫に会いに来てくれる事も歓迎しているそうです。このため、入国に際して年齢制限はありません(中学生未満は保護者の同伴が必要)。

週末にご家族で猫の共和国へ遊びに行くのも良いですね。

取材協力:ネコリパブリック池袋店
取材・文:梅原 慎治

ネコリパブリック池袋店
東京都豊島区西池袋3-27-3 中根ビル4F
Tel:03-6914-0834
営業時間:月~日 11:00~22:00(木曜日定休)

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

権利侵害申告はこちら