受け流すネタで一世を風靡した芸人、ムーディー勝山

ムード歌謡風の衣裳で歌う「右から来たものを左へ受け流すの歌」のネタで一世を風靡した芸人・ムーディ勝山さん。

最近では、「あの人は今」的な番組でたまにメディアで見かけるくらいでしたが、そんな彼が6月15日に投稿したある悲しすぎるツイートが話題になっています。

それは、量販店での営業風景

一発屋と呼ばれる芸人さんでも、地方営業でかなり稼いでいるという話はよく聞きます。ムーディ勝山さんも、地方営業を中心に活動されているようで、どうやらこの日の営業先でなんとも言えない悲しい出来事があった様子。

何から守られているんだろう

出典 https://twitter.com

そんな言葉と共にツイートされた1枚の写真。その悲しすぎる写真が大反響となり、2万RT以上されるという事態になっているんです。

そのシュールで悲しい写真がこちら

この日は、紳士服などを販売するフロアの一角で営業をされていたと思われるムーディ勝山さん。その後ろには、警備員らしき方が手を広げ、一般のお客さんから彼を守るような体勢をとられていますが…肝心のお客さんが1人も見当たりません。

それは「何から守られているんだろう」となりますよね。

この悲しすぎる姿には、思わずファンも爆笑してしまったようで…

・初めてムーディさんで笑いましたよ(^0^)/
・余りにもシュール過ぎて最初合成かと思いましたw
・吹いたわ
・右から、右から、、、何かがきてるのでは?
・しかもちゃんと右側にたってる!笑

出典 https://twitter.com

などなど、みなさん大喜び。ムーディ勝山さんのネタの通り「右から左へ受け流す」ためなのか、本当に警備員さんが右に立っている事にも注目が集まりました。


果たしてこれはリアルに悲しい現場なのか。それとも「ネタ」として撮られたものなのか。その真相は不明ですが、何れにせよこれだけ注目されれば、ムーディ勝山さんにとっては最高の結果かもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

人生の岐路に立ってしまっている30代です。日々勉強中。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら