記事提供:おたぽる

『角川まんが学習シリーズ』公式サイトより。

先日「観応の擾乱」の記事を書くために、確認のためにと買ってみた角川まんが学習シリーズ『日本の歴史』。

読んでみて、最初に思った感想は「なんなんだこれは…」である。「観応の擾乱」の記述は、なんかBL風味。足利尊氏はイケメン。後小松天皇は悪人面。楠木正成に至っては、単なるヤンキーみたいに描かれている…。

あまりのショックに、思わず全15巻すべて買ってしまった。そして、すべての巻において「どうなってるんだ…」という衝撃を感じたのである。

そもそも、学習マンガで子どもにわかりやすく歴史を学んでもらおうとするスタイルが始まったのは、1981年に刊行された小学館の『学習まんが 少年少女日本の歴史』が最初。

現在までに累計1,800万部を記録した定番シリーズに、新たなライバルとして2015年に登場したのが、角川まんが学習シリーズである。

刊行された同年は『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA)がベストセラーになった年。

この中に日本史の学習法として、マンガで描かれた日本の歴史をひたすら読むことが紹介されていたこともあり、歴史マンガは活況を呈していた(『信濃毎日新聞』2015年8月20日付朝刊)。

そうした追い風もあってか、角川まんが学習シリーズは、これまでに累計300万部を売り上げるヒットを達成している。そこまで売れた理由として挙げられるのが、大人が歴史を学び直すための良書でもあると評価されたこと。

実際、大人が読んでも面白いのか。

今回、偶然にも読む機会を得た筆者。最初は幾度も読み慣れた小学館の『学習まんが 少年少女日本の歴史』と比べて違和感があった。ところが、読んでいるうちに次第に奇妙な面白さに気づいたのである。

小学館のシリーズの特徴は、とにかく基本的な情報量の濃さである。平易な解説で、とりあえず最低限知っておくべきことを記述することに注力しているように思える。最低限とはいうが、高校日本史レベルのことまで扱っている。

それに対して、角川まんが学習シリーズのほうは情報量は少ない。なので、小学館のシリーズに慣れ親しんだ大人には面白くない…と思いきや違う。基本を抑えているからこそ、面白さが際立つのである。

フラットになるべく多くの情報を記述する小学館のシリーズが幕の内弁当なら、角川まんが学習シリーズはメイン食材で勝負を賭けるトンカツ弁当といったところ。

例えば、第11巻「黒船と開国」。ここでは、坂本龍馬をはじめとする幕末の志士たちの活躍に重点を置いている。龍馬どころか、吉田松陰が黒船で密航しようとしたエピソードも挿入。

命を賭けて国を変えようとした志士たちの生き様というドラマ性が重視されているのである。

しかも、ドラマばかりかと思いきや、幕末群像ではちょっとマイナーな清河八郎が登場したかと思えば、2コマ後には暗殺。わざわざ登場させる必要があるのかと唖然してしまう。

かと思いきや、龍馬の活躍は、ここまで必要あるのかというくらいにページ数が多い。勝海舟を斬るつもりで訪問したら弟子になったエピソードなんかも挿入されている。

この、情報量よりもドラマ性重視の配分。いうなれば、歴史叙述のバランスの悪さが、基礎知識を持っていると、とてつもなく面白く読めてしまうのだ。

その「なんで、こうなったんだろう…」というバランスの悪さが際立つのが、第14巻の「大正デモクラシー」。昭和初期までを扱うこの巻。満州事変の描写では石原莞爾も誰も出てこない。にもかからず、盧溝橋事件では、牟田口廉也が登場。

牟田口廉也といえば、インパール作戦で知られる戦史に名を刻む愚将なのだが、あえてここで出す必要がどこにあったのか…?さらに、平塚らいてうが美少女になっているとか、ある程度歴史に詳しくなった大人が見ると「ねえよ!」とツッコむしかない。

ほかにも、蘇我馬子がすっかり悪人面だったり。とにかく、メインで描かれる人物に対立しそうな人間は、悪役っぽく描くのがコンセプトの様子。

そんな妙なところばかりが気になってしまう、このシリーズ。でも、バランスの悪さは決して批判的にいっているのではない。

本来の読者層である子どもたちに教科書的に淡々と記すのではなく、ドラマ重視でまず「歴史って面白い」と興味を持ってもらおうとした結果なのだろう。

大人が読んで目に付くバランスの悪さは、稚拙だから笑えるのではなく、歴史のとらえ方というのは色々あるということが見えて面白いのである。

権利侵害申告はこちら