記事提供:Entame Plex

6月といえばジューンブライドですが、若者の結婚離れは果たして本当なのでしょうか?

そこで今回、スマートフォンアンケートアプリ「TesTee」を運営するテスティーは、2017年5月26日~28日の期間において10代、20代の未婚男女2066名(TesTee登録会員)を対象に「結婚」に関するアンケート調査を実施。

このたび、そのアンケート結果が発表されました。

まず、「結婚願望」について聞いてみたところ、10代女性の72.8%、20代女性の67.9%、10代男性の62.8%、20代男性の58.6%が「結婚したい」と回答。

女性は7割、男性は6割ほどの人に結婚願望があり、男女ともに20代よりも10代の方が「結婚したい」と思っていることが分かりました。

また、「将来結婚したいと思わない」と回答した人を対象にその理由を聞いたところ、「結婚にあまり興味がない」との回答が最も多く26.6%、次いで「1人の方が楽だから」が26.0%、「メリットを感じないから」が14.3%となりました。

続いて、「結婚したい」と回答した人に挙式の希望について質問したところ、10代女性の80.7%、20代女性の69.4%、10代男性の76.3%、20代男性の61.2%が「結婚式を挙げたい」と回答。

10代においては男女ともに8割もの人に挙式希望があることが分かりました。

さらに、挙式をしたい場所を聞いたところ、10代女性の71.2%、20代女性の72.5%、10代男性の75.2%、20代男性の69.3%が「国内」と回答。10代、20代の男女ともに「国内挙式」を望んでいる人が多数派であることが分かりました。

「結婚式を挙げたい」と回答した未婚女性を対象に、「和装(白無垢)と洋装(ドレス)のどちらを選ぶか」聞いたところ、10代、20代ともに「洋装」と回答した女性が多く、10代女性で84.4%、20代女性で75.7%となりました。

また、婚約指輪の希望について聞いたところ10代女性の76.6%、20代女性の67.4%が「婚約指輪が欲しい」と回答。

ちなみに、「結婚式を挙げたい」と回答した未婚男性を対象に「婚約指輪の購入」について質問したところ、10代男性の86.8%、20代男性の89.8%が「購入する」と回答。

若年層男性が女性以上に婚約指輪の購入を前向きに検討していることが分かりました。

さらに、「理想のプロポーズの有無」について尋ねると、10代、20代男女ともに約2割が「ある」と回答。

そこで、男女別に「理想のプロポーズ」を自由回答で聞いたところ、女性からは「ストレートな言葉で言って欲しい」「2人きりであれば場所はあまり気にしていない」という回答が多く挙がる一方、男性からは「夜景スポット」や「思い出の場所」などプロポーズのシーンにこだわる回答が多く挙がりました。

次に、結婚相手との理想の出会い方や場所について聞いてみると、10代は男女ともに「学校・職場」との回答が最も多く、20代男女は10代男女と比べて「趣味の場」と回答する人が多い結果となりました。

「その他」と答えた人からは、「運命的な出会い」や「偶然に」「自然に」との声が多く挙がり、恋愛や結婚を強く意識していない時に出会いたいと考えているようでした。

続いて「SNSやインターネットでの出会い」について聞いたところ、10代は男女ともに6割以上が「なし」と回答。一方、20代は男女ともにおよそ6割の人が「あり」と回答。

20代においては「SNSやインターネット」も出会いの場の1つとして捉えていることが伺えました。

なお、「あり」と回答した人からは、「出会い方は人それぞれだと思う」「インターネットもれっきとした出会いの場だと思う」といった声が挙がり、今の時代においてはSNSやインターネットを介した出会いもあるという認識を持つ人も多いようです。

対して「なし」と回答した人からは、「危険な場合もあると思う」「周りの人に紹介するときまだ偏見があると思う」といった声が挙がり、SNSやインターネット経由での出会いにおいてさまざまな犯罪が起きていることに対する不安や、世間一般的に理解がまだ進んでいないことへの懸念が伺えました。

※TesTee調べ

権利侵害申告はこちら