Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

"魔の2歳児"と言われる、イヤイヤ期まっただ中の2歳くらいの子どもたち。

寝なさいと言っても「イヤイヤ!」、お出かけしますよと言っても「イヤイヤ!」、ご飯を食べなさいと言っても「イヤイヤ!」…。なにかにつけて反抗してなかなか言うことを聞いてくれません。

そんな子どもたちの「イヤイヤ!」に対してある効果的なアイデアを、育児ブログを公開しているTwitterユーザーの「修羅の道BESSONちゃん」さん(@VsIbiru)が、Twitterに投稿されました。

「ご飯いらない!」という子どもに「食べなさい!」と言ってもすんなり言うことを聞いてくれない…そんなとき、「修羅の道BESSONちゃん」さんは、レジャーシートを広げて床に転がっているダンボールをドカンと配置し…

「今日はママがひとりでピクニックか…」

出典 https://twitter.com

と、こうつぶやくそうです。

すると…

このとおり!

出典 https://twitter.com

見事にご飯を食べ始めます!

そして完食!(笑)

これは素敵なアイデアですね!押してダメなら引いてみろってことでしょうか?子どもの心理を上手くついた素晴らしい工夫だと思います。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、1万以上のRT(リツイート)や14,000を超えるいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

・かわええ♪ こんな方法でw
・天才
何この裏ワザ!!!
・明日試そう、そうしよう!!!!
こういう発想ができるお母さんすてき
テクニシャン、母さん
・素晴らしい家庭だ!
うちも参考にしよ

などの声がたくさん寄せられています。

なかなかご飯を食べてくれない小さいお子さんがいらっしゃる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

お子さんの性格にもよるでしょうが、かなりの効果が期待できそうですよ!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら