イタリア人男性といえば、日本ではタレントのパンツェッタ・ジローラモさんの印象が強いというのもあるかもしれませんが、女性へのアプローチが積極的で、平日の昼間っからナンパしているイメージがありますよね。

ナンパとまではいかなくても、ランチやカフェなどに誘ってくるのは日常茶飯事。

イタリア在住のTwitterユーザー「Ikue HIRATA」さん(@ikuehirata)も、仕事中の時間にイタリア人男性からランチやコーヒーに誘われることが多く、別のイタリア人男性にこんな質問をしてみたそうです…

「よくイタリア人が平日のランチとかコーヒーに誘ってくるんだけど、私働いてるんだよね。奴ら一体何を考えてるの?」

出典 https://twitter.com

たしかに、日本人の考え方ならこうなりそうですよね。仕事中なわけですし…。

その質問に対してのイタリア人男性の回答は、なかなかパンチの効いた内容だったそうです。

その回答とは…

「労働は喫煙みたいな悪い習慣なんだよ。止めるべきだ」

出典 https://twitter.com

Licensed by gettyimages ®

え……

なにこの名言…。

日本人からすると考え方がぶっ飛んでいる気もしますが、一理あるかも…?

※ちなみにこのイタリア人男性は、休みの日もちゃんと勉強している真面目な学生さんだそうです。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、3千を超えるRT(リツイート)やいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

賃労働の本質を突いた名回答!
その習慣を疑うところから、始まるのだ
労働には依存性もあるからね
労働は悪い文明か自由への道か?
近くで残業していると帰れない受動労働っていう健康被害もありますね

などの声がたくさん寄せられています。

その他にも、「イタリアはカトリックがほとんどだから、労働観は神からの“罰”というのが一般的」や、「仏語の“travaille=労働”も語源は拷問とかそんなんだ」などという興味深い意見もあがっていました。

私たち日本人は働きすぎなのか…労働には依存性があるのか…。

その答えは分かりませんが、このイタリア人男性の考え方を参考にして、少しは気楽に働いてみるのも良いかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら