アイスランドの首都、レイキャビクから車で約45分の場所にある国立公園「Þingvellir(シンクヴェトリル)」で撮影されたあまりにも神秘的すぎる光景。これが海外の大手メディアが紹介した事で話題沸騰!世界中の人々を魅了していたので紹介したいと思います。

珍しい海洋生物や、美しいダイビングスポットなどを紹介しているYouTubeチャンネル「Ocean Imaging」が公開した「Freediving in Iceland」という動画。

撮影された場所は、北米プレートとユーラシアプレートが引っぱり合って出来た裂け目に水が溜まって完成した“天然の湖”なのだそうですが、その美しさは圧巻!この世のものとは思えない、驚くほど神秘的な光景が広がっていました。

透明度150m以上!これが奇跡の湖だ!

何年もの歳月をかけて溶け出した雪解け水が、岩の隙間を流れることによって自然に濾過、澄み切った純度の高い水が流れ込んでいる湖。

カメラをゆっくり沈めると…

目に飛び込んでくる美しき世界!

いかがですか?

これが水の中だなんて信じられますか?

アメリカの放送局「CNN」が発表した「World’s 50 best dive sites(世界のすごいダイビングスポット50)」にも選ばれているこの場所。なんだか、美しすぎて怖さすら感じてしまいますよね。

衝撃的な透明度に、泳いでいるというよりも、宙に浮いているよう見える女性。
その姿…まるで夢の中の映像のよう。

ちなみにこの水。50kmほど北にあるラング氷河の溶けた水が、約100年の歳月をかけて湧き出ているのだそうですが、その透明度はなんと150m以上!晴れた日だと200m近い透明度を誇るとも言われています。

また、年間を通して2~3℃に保たれているとも。水中生物は存在しないため、更なる美しさをキープできているとのことです。

悠々と泳ぐ女性は、プロダイバー・Kiki Boschさん。極端に水温の低いこの場所で泳ぐため、長い時間を費やしトレーニングを行ったのだとか。

※通常は「ドライスーツ(水中に入っても内部に水が浸入しない構造の保護スーツ)」必須のダイビングスポットです。

水の中だとわかっていても、脳が上手く認識してくれないこの光景。気泡(空気)はあえて出していないとのことなので、余計に空を飛んでいるように見えてしまいますよね。

水深によって見える世界が違ってくるというのも神秘的!

では、世界中の人々が魅了されていた透き通った青の世界を、どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

同じ氷河湖で撮影された他の動画も合わせてご覧下さい!

出典 YouTube

これは潜ってみたい!

■本当に水の中なの?信じれない
■美しい。この世のものとは思えないよ!
■ここまで美しいとCGにしか見えないんだな。見ていると頭が錯乱する。
■アイスランドに美しい湖があることは知っていたが、正直、ここまでだとは思わなかった。

海外の掲示板に寄せられていた多数の声!潜水の際にはドライスーツ必至ですが、ダイビングのライセンスがない方もシュノーケルで参加する事が出来るそうなので、興味を持った方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら