記事提供:messy

会見に臨んだ詩織さん/写真:日刊スポーツ/アフロ

「週刊新潮」(新潮社)5月18日号が報じた、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏による準強姦疑惑が引き続き波紋を広げている。

5月29日に、被害に遭ったという女性・詩織さん(28・苗字は家族の意向により非公表)が、検察審査会に審査を申し立て、その直後、司法記者クラブで記者会見を開いた。

通常、被害を訴える側は顔はおろか氏名も伏せることがほとんどだが、詩織さんは「被害者女性と言われることが嫌だった。また取り調べ中も被害者らしく振る舞いなさいと言われたが、被害者が悲しい、弱い、隠れなきゃいけないという状態にあることに疑問を感じた」と、顔と名前を公表して記者会見に臨むことを選んだという。

詩織さんの会見、および告発した「週刊新潮」の記事によれば、当時TBSのワシントン支局長だった山口氏と、トムソン・ロイターでインターンとして働きながら就職先を探していた詩織さんは、2013年秋にアメリカで知り合う。

山口氏は詩織さんを評価し、TBSのNY支局長に引き合わせるなどし、2015年春、詩織さんが就職活動にあたって山口氏に相談すると、山口氏は自身の勤務先での採用をほのめかし、詩織さんは履歴書を送った。

3月下旬、山口氏は雇用を前提にビザの取得について話し合いをしたいとして、「ヤボ用で一時帰国する事になった」ので東京で会って話をしようと持ちかけた。

同年4月3日に東京・恵比寿で就職の話を詰めるために串焼き屋で食事をした。一時帰国中の山口氏は「明日帰るんだけど、恵比寿には顔を出さなきゃいけない店がものすごくあるから付き合って」と詩織さんを誘い、二軒目の鮨屋へ。

詩織さんは酒に強く、また就職の話をするために会っているのだから酔いつぶれるほど飲んでいないにもかかわらず、鮨屋で「二度目にトイレに行った時にクラクラとし、給水タンクに頭をもたせかけて休んだきり、記憶がない」状態となってしまった。

そして意識を取り戻した時、仰向けの状態の詩織さんにコンドームをつけていない状態の山口氏が跨っていた。もちろん詩織さんは、山口氏と性行為をすることに「合意」していなかった。

合意もなにも、記憶がないままホテルの一室に運ばれていたと主張する。

記事や詩織さんによれば山口氏による「デートレイプドラッグ」の使用があったのではないかという疑いがあるようだ。会見によると、詩織さんは同年4月9日に警察に相談。

4月30日には高輪署で告発状が受理され、捜査によって容疑が固まり逮捕状が発布されたが、帰国予定の山口氏を逮捕しようと6月8日に空港に行った捜査員から「上からの指示で逮捕できなかった」と連絡があった。

それでも山口氏は8月26日に被疑者として書類送検されたが、それからおよそ一年後の翌2016年7月22日に代理人弁護士を通じて、嫌疑不十分のため不起訴処分となったことを伝えられた。

今回の会見は、これを不服として検察審査会に審査を申し立てたのちに、開かれたものだ。

性暴力は揉み消されたのか

この準強姦疑惑が、山口氏の逮捕直前で見送りになったことについては、“安倍官邸御用達ジャーナリスト”とも言われる山口氏に対する、当時の警視庁刑事部長・中村格氏による“忖度”があったのではないかと「新潮」は最新号でも改めて報じており、また中村氏は取材に対して、自分が逮捕見送りの指示を出したことは認めているのである。

また、5月10日に山口氏がFacebookでこれに『反論』し「私は法に触れる事は一切していない」「当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている」「この過程において、私は逮捕も起訴もされていない。(今回に限らず、私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません)」などと綴っているが、これに安倍昭恵氏が「いいね!」していることも大きな話題となった。

確かに逮捕も起訴もされていないが、一度は逮捕状が出た案件が、なぜそのように翻ったのかが問題視されている。そのことを山口氏はわかっていながら、意図的に言及を避けているのだろうか。

さらに「週刊新潮」5月25日号では、山口氏が同誌からの質問状が届いたことを受けて「北村さま」なる人物に相談メールを送ったつもりが、なんと送信先を間違えて週刊新潮の記者に送ってしまっていたことも明らかにされている。

この「北村さま」が内閣情報官の北村滋なのではないかと同誌は報じている。逮捕状が却下されてから不起訴になるまでのおよそ一年で、山口氏は安倍政権に密着し『総理』(幻冬舎)を上梓した。

山口氏は問題の一夜、詩織さんと性行為に及んだことは否定していない。

山口氏が彼女に宛てたメールの一部が「週刊新潮」には掲載されているが、そこで山口氏は、詩織さんがホテルの部屋で嘔吐を繰り返したため衣服を脱がすなどして介抱した、詩織さんは意識を失ってはいなかったと述べ、「私もそこそこ酔っていたところへ、あなたのような素敵な女性が半裸でベッドに入ってきて、そういうことになってしまった」と弁明している。

ちなみに山口氏は妻帯者だ。

論点は複数ある。まず、デートレイプドラッグ使用の有無。性行為の合意の有無。詩織さんの意識の有無(意識を失っていたとしたら性行為は準強姦だ)。逮捕状の取り下げにあたって、何らかの忖度があったか否か。

政争と一切絡めずに見ることが難しい事件でもある。通常であれば所轄の案件であるにもかかわらず、唐突に捜査一課が介入し、官邸が重用する警視庁刑事部長の独断で逮捕当日に逮捕状が取り消しになったことは事実。

なぜその日、突然に逮捕状が取り消されたのか、その理由は明らかにされていない。高輪署が捜査を積み重ねて逮捕状を出したからには、容疑者たる確証があったはずだ。それを撤回したのはなぜか。捜査に誤りがあったというのか。

この不可解な事案に、検察審査会がどのような判断を下すか注目が集まっている。

セカンドレイプ

前述のように、山口氏が“安倍総理ベッタリ記者”であること、逮捕状取り消しに上の圧力を感じることから、どうしても本件は政治ゲームの一端として受け止められる向きが強い。

それゆえ、安倍政権支持派からは「なんとかして安倍首相を引きずり下ろしたい勢力が、山口氏にハニートラップを仕掛けたのだ」とか、詩織さんの弁護団など周辺関係から「民進党の仕掛けた卑劣な罠だ」と推測する声もある。

しかし看過できないのは、詩織さんに対する“セカンドレイプ”発言の数々だ。匿名投稿はおろか、実名・所属を明らかにして書き込んでいるSNSでも、中傷コメントは目立つ。そうしたコメントの主は性別を問わない。

「美人局だろうなと思った」

「駆け出しジャーナリストの売名行為でしょ」

「自己責任です 大人なのですから 同情できません!」

「お互い酔っ払ってセックスしちゃったのを、後になってレイプ!とか騒いでるの?この女。就職の相談とかしてる時点で詩織さんとやらにも下心アリアリじゃん」

「レイプされたって記者会見してた詩織さんはシャツの胸元開け過ぎで説得力ない。お酒飲んで記憶なくして~ってただのビッチじゃん。レイプじゃなくない??メールの内容もオッサン側下心丸出しなのに普通、一緒にお酒飲む???」

冷静に見て、美人局やハニートラップであるという可能性は低いと筆者は考えている。なぜなら実名で姿も隠さず記者会見に臨み、週刊誌に被害を語るのは、本人にとって大きなリスクを伴う。

家族や自身のプライバシーが暴かれる可能性があり、今後の生活にも影響が及ぶ。性暴力の被害者は、一連のセカンドレイプコメントを見てもわかるように、この社会ではスティグマを負わされるからだ。

次に、大人の男女が2人で飲食した以上「そうなること」は想定されるのだから自己責任だという意見についても、まったく同意しかねる。女性が男性と2人で会うことを承諾したことが、セックスも承諾したことにはならない。

性行為についてイエスと言わない限りは、合意していないのだ。性被害は全て女性側に落ち度があるといわんばかりの意見には、毎度辟易させられる。

歪んだ女性観を持つ一部のネットユーザーたちは、被害を受けたとして告発している女性を、男性を誘惑した加害者として扱っているかのようにも見える。

「シャツの胸元を開けすぎると説得力がなくなる」という意見も、この社会の歪んだ価値観を投影している。

詩織さんの主張に矛盾があるとしたらその点に疑義を呈することはアリだろう。だが現状、彼女への批判的な言及のほとんどが論理性を欠く誹謗中傷、セカンドレイプに過ぎない。

下心丸出しの男性を、拒絶できなかった女性が悪いのか。相手の明確な合意をとらずに性行為に及ぶことは責められないのか。学生から就職に関する相談を受けながら、あわよくば性行為に持ち込もうと企むのが「普通」の感性なのか。

性暴力を「男女の痴情のもつれ」として処理し続けることは、性暴力という犯罪を社会的に容認していることと同じではないのか。

政治ゲームはさておき、こうした人権無視のセカンドレイプこそがこの国の大きな病巣のひとつだということに、我々は気付くべきだろう。

権利侵害申告はこちら