肉や魚だけでなく、乳製品やハチミツなども全く摂らない完全菜食主義者「ヴィーガン(ビーガン)」の女性が制作する、息をのむほど美しいフラワーケーキ。これが「完全にアート!食べるのに躊躇してしまいそうだ!」「牛乳や卵を使わないでこんなに素敵なケーキが出来るのか!素晴らしい!」と現在、海外を中心に話題となっているので紹介したいと思います。

ビーガンと言えば、2010年に公開された映画「ブラックスワン」で、オスカー主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン(1994年制作「レオン」でマチルダ役を演じた事でも有名)や、 映画「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー助演男優賞を受賞したジャレッド・レトなど、数々のセレブたちが実践していることでも有名ですが…

そんな彼らも一目置くであろう素晴らしいケーキを作っているのは、ベルギーを拠点に活躍するフードアーティスト“Culinarydots Juliana”さん。ちなみに彼女はビーガン歴15年だそうで、数年前

肉・魚・卵・乳製品を一切使用せずに、美味しいケーキは作れないものか?

と研究を開始。様々な苦難を乗り越え、現在のフラワーケーキに辿り着いたのだとか。

あまりの美しさに、思わず見入ってしまう…。

乳製品の代わりとして使う材料は、豆乳やアーモンドミルクだそうです。

昨今、ビーガンが増えているというベルギー。

最初は自分が楽しむために作っていたというフラワーケーキですが、ジワジワと評判を呼び、いつしか「私もビーガンなんだけど食べてみたい!」「是非、販売して!」との声が殺到!

Culinarydotsさん、店をオープンすることに!

今や市内に住むビーガンの方々から絶大なる信頼を得ているというCulinarydotsさんのお店。わざわざ遠方から足を運ぶ人もいるとのことです。

「食べるのを躊躇してしまいそう」

というコメントがありましたが、まるでアートのようなこのフラワーケーキ。ナイフで切り分けるのは、かなり勇気がいりますね(笑)

コチラはパッションフルーツ、オレンジ、パイナップル、マンゴー、ココナッツで作ったビーガンケーキ。

もう一度言いますが、卵、乳製品(酪農製品)、蜂蜜等、一切不使用!

これはベルギーに住むビーガンの方々から支持、愛されているというのも頷けますよね。

フラワーケーキの断面はこんな感じとなっています!(音量注意)

市内であればデリバリーもしてくれるというフラワーケーキ。また、ビーガン向けのケータリングも行っているようで、寿司、ピザ、ファラフェル(ヒヨコマメ、または、ソラマメから作ったコロッケ)、ラップサンドなどもオーダー可能。オリジナルのドレッシングも作っているそうですよ。

食べずにこのまま飾っていたくなるフラワーケーキ。CulinarydotsさんのInstagramには、まだまだたくさん美しいケーキがアップされていますので、興味を持った方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら