自分の生活は二の次!野良猫の餌代を稼ぐ為に路上でライムを売るホームレスが「なんて素敵な方なんだ!」「人は見かけでは計れないな。素晴らしい、涙が出たよ!」と現在、SNSを中心に話題沸騰!世界中から称賛の声が寄せられているので紹介したいと思います。

利益は全て野良猫たちの為に!

「ライム1袋20バーツ(約65円)!利益は野良猫の餌代になります!」

そう書かれた看板をあげ、黙々とライムを売るのは、微笑みの国「タイ」に暮らすホームレス“Loong Dum”さん。

無造作に伸びた髭や髪、さらに足元を見ると…なんと裸足!

彼はこの場所で長い間、猫の餌代を稼ぐためにライムを売り続けてきました。

「(数日位なら)私は食べなくても平気ですが、猫たちはそういうわけにはいきません」

自分を犠牲にしてまでも、猫たちの事を第一に考えるLoongさん。しかし、無念にも、ホームレスからライムを買う人は少なく、売れたとしても利益はスズメの涙ほど。そんな時は、街中を歩き回り、声を枯らしながら呼びかけ、餌代を集めていたのだとか。

手に入れたお金で餌を購入。野良猫たちに分け与えるLoongさん。

彼は野良猫たちを家族のように想っているとのこと。

そんなLoongさんの優しさに魅了された女性がSNSに投稿!たちまちタイで話題に!

感銘を受けた女性がSNSに写真をアップしたところ、たちまちタイ国内で話題に!

すると次第に彼のライムを購入する人が増え、更には、直接、猫の餌をプレゼントしてくれる人も出現!環境が大きく変わることに!

「やった!こんなに餌が集まった!」

大喜びするLoongさん。その姿…まるで自分の食料を得たかのよう。

その後も続々と集まる猫の餌。

なお、SNSに投稿した女性は

「Loongさんは誰よりも大きな心を持つ人。素晴らしく優しい人なのです。見かけだけで人を判断し、看板に注目していなかったら、きっと、その事に気付くことはなかったでしょう」

と話していました。

支援者激増!Loongさんの生活も一変することに!

毎日のように寄せられる猫の餌。そして、餌だけではなく、衣類やサンダルなども寄せられ、さらに支援者によって“ヘアカット”のプレゼントも!

すっかり別人のようになったLoongさん。なんだかちょっぴり照れ臭そうですね。(笑)

新しい服やサンダルを手に入れても、昔と変わらず路上でライムを売るLoongさん。

もちろん得た利益は全て野良猫たちの餌へ!

■素晴らしい行動。本当に尊敬するよ。
■“優しい”なんて言葉じゃ足りない。敬意を表します。
■自分の生活を犠牲にしてまで。←これはなかなか真似出来ないな。
■こんな素敵な人がタイにはいるのね。思わず涙が出でしまったわ。

SNSに寄せられていた称賛の声。なお、環境がいくら変わろうとも、この活動を続けていくと話していたLoongさん。野良猫がいる限り、今後も街に立ち続けるとのことです。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら